カテゴリー
常緑高木

シロダモ(白だも)に花と実がついています

シロダモ(白だも)の樹に、いま花と実がついています。

シロダモの花と実

シロダモの実
シロダモの実

花は、10~11月ころに、最初の写真のように、葉腋(ようえき)散形花序でたくさん咲きます。

今年咲いた花には、来年になって実をつけるそうです。

なので、今ついている実は、去年咲いた花から出来た実なんですね。

シロダモの実も、花とほぼ同じ時期の、10~11月にこのような赤い実をつけます。

この実の大きさは、12~15mmくらいで、比較的大きいほうでしょうか。

シロダモの実からは、油がとれ、この油からロウソクが作られたそうです。

シロダモの葉

シロダモの葉
シロダモの葉

シロダモの葉は鋸歯がなく全縁ですが、写真のように、葉脈が3行脈(さんこうみゃく)になっています。

シロダモは、クスノキ科なので、クスノキと同じ様に3行脈が現れているんですね。

シロダモの新緑は、特徴があります。

シロダモの新緑
シロダモの新緑

写真のように、薄茶色の新しく伸びた葉が、下向きに着くんですね。

というか、葉が垂れ下がっているんでしょうか、おもしろい姿だと思いますね。            (^_^)

このような葉の形が他にもあるのかどうか、わかりませんが、図鑑などを見ても見かけないようです。

この時期にこの樹を見ると、一目でシロダモとわかります。

シロダモの樹

シロダモの樹
シロダモの樹

シロダモは、朝鮮半島、中国や台湾でみられますが、日本では、本州(宮城県、山形県)以南に分布します。

そして、クスノキ科シロダモ属で雌雄異株の常緑高木で、15mくらいに成長するとのことです。

この樹は、庭木や防風林などに利用されてきたようです。

おわりに

いま、シロダモには、花と実が同時についています。秋には赤い実をつけ、春には新緑が人目を惹く樹です。昔は、実に含まれる油も利用されたようですが、観賞用の樹としても面白そうです。

参照サイト

 Wikipedia シロダモ

関連投稿

 クスノキ(樟、楠)に黒い実がついています

 ソヨゴ(戦、冬青、具柄冬青)の赤い実

 

  

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom