オランダカイウ

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ミズバショウににたオランダカイウ(カラー)の白い花

2022年6月6日

オランダカイウ(阿蘭陀海芋)は、カラーなどとも呼ばれ、ミズバショウ(水芭蕉)のような白い花を咲かせます。南アフリカ原産のサトイモ科の多年草で、花びらのように見える白い漏斗状の仏炎苞の中に、細長く黄色い花序で小さな花をたくさんつけます。

ミズバショウににたオランダカイウ(カラー)の白い花

オランダカイウの白い花

オランダカイウの花

オランダカイウの花

オランダカイウ(阿蘭陀海芋)の花が咲いていました。

カラー(calla)やエチオピカなどとも呼ばれ、ミズバショウ(水芭蕉)ににた南アフリカ原産のサトイモ科の多年草です。

白く漏斗状の花びらに見えるのは、仏炎苞と呼ばれる花を包む葉が変形した器官で、苞に包まれた中では、細長い肉穂花序(ニクスイカジョ)になって、小さな花が咲きます。日本で自生するミズバショウやザゼンソウの仲間の花です。

形は違いますが、このブログで取り上げた、カラスビシャクやマムシグサもサトイモ科で同じような構造の花になります。(^_^)

オランダカイウの花々

たくさん咲くオランダカイウ

花は、葉と同じくらいの高さで、50cmくらいに伸びた花茎の先に1つ咲いています。

オランダカイウ(阿蘭陀海芋)の名前は、海外から渡来した芋で、江戸時代後期にオランダ船で持ち込まれたことに由来すると言われます。なお、オランダカイウには、湿地型と畑地型があり、湿地型は江戸時代に、畑地性は大正時代の渡来したと言われます。

写真の花は、公民館の傾斜地に咲いていたもので、畑地型のようです。

カラー(Calla)の名前は、花の形が修道女の襟(カラー)ににているとする説や、古代ギリシャ語の「カロス(美しい)」が語源だとする説などがあるようです。また、エチオピカの別名は、学名に由来するのでしょうか、エチオピアの国花にもなっています。

花言葉は、「夢のように美しい」「乙女のしとやかさ」で、12月15日の誕生花で、切り花にもされるようです。

清楚な花の雰囲気をよくあらわした花言葉だと思います。

ピンクの花

ピンクの花

見かけるのは、白い花ですが、赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など様々な色があるようです。

畑地型のオランダカウイは、ヨーロッパやニュージーランドで改良が行われ、たくさんの品種が開発されているとのことです。

オランダカイウの葉

オランダカイウの花と葉

オランダカイウの葉

オランダカイウの葉は、肉厚気味で光沢があり、20cmほどの大きさで形は矢尻形で長い葉柄があり、縁は全縁で波打っています

地下には球茎があり、地面から葉柄を伸ばして叢生し、草丈は30~70cmになります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。(*^m^*) 

オランダカイウの基本情報・花言葉

オランダカイウ(阿蘭陀海芋)は、南アフリカで、日本へは江戸時代に渡来したサトイモ科オランダカイウ属の多年草です。

名前は、海外から渡来した芋で、江戸時代後期にオランダ船で持ち込まれたことに由来すると言われます。

なお、オランダカイウには、湿地型と畑地型があり、湿地性は江戸時代に、畑地性は大正時代の渡来したと言われます。

別名は、カイウ(海芋)、エチオピカ、カラー(Calla)。エチオピカは学名に由来するとうですがエチオピアの国花となっています。カラーは、花の形が修道女の襟(カラー)ににているとする説や古代ギリシャ語の「カロス(美しい)」が語源だとする説などがあるようです。

学名は、Zantedeschia aethiopica

英名は、Calla、Calla lily

花期は5〜8月で、漏斗状の仏炎苞に包まれて、細長い黄色い肉穂花序を咲かせ、花が終わると液果(果皮が肉質で液汁が多い実)をつけます。苞の色は、赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など様々な種類があります。

葉は、肉厚気味で、光沢があります。形は20cmほどの矢尻形で長い葉柄があり、縁は波打っています。

地下には球茎があり、地面から葉柄を伸ばして、叢生し、草丈は30~70cmになります。

オランダカイウの花言葉は、「夢のように美しい」「乙女のしとやかさ」で、12月15日の誕生花です

参照サイト

Wikipedia オランダカイウ属

植物写真鑑 オランダカイウ

みんなの花図鑑 オランダカイウ

Tam’s  素人植物図鑑 オランダカイウ

弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」 オランダカイウ

花屋の輪郭 カラ

はなたま カラーの花言葉

関連投稿

マムシグサ
花の構造がミズバショウににているマムシグサ(蝮草)の赤い実

マムシグサ(蝮草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、雌雄異株の有毒植物です。花は、ミズバショウと同じように、仏炎苞に囲まれ、その中で肉穂花序になってたくさんの花をつけます。偽茎についた縞模様が ...

続きを見る

カラスビシャク
仏炎苞につつまれて咲くカラスビシャク(烏柄杓)の花

カラスビシャクが花壇で咲いています。仏炎苞と呼ばれる独特の形の苞の中で、花序になって花が咲き、ミズバショウ、ザゼンソウ、マムシグサなどと同じサトイモ科の多年草です。苞の形がちいさな柄杓のようだとして、 ...

続きを見る

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

-多年草, 草本, 草花
-, , ,