トウヒの球果

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑高木 樹木 針葉樹

トウヒ(唐檜)の球果(松笠)

PR

トウヒ(唐檜)は、北東アジアや北海道、本州の紀伊半島、尾瀬沼、中部地方などの亜高山帯に分布する、マツ科トウヒ属(エゾマツの変種)の常緑高木の針葉樹です。近くで大きく育ち、毎年、きれいな形の球果(松笠)をつけるトウヒについて書きました。

トウヒ(唐檜)の球果(松笠)が落ちていました

トウヒの球果(松笠)

落ちていた球果(松笠)

落ちていた球果(松笠)

先日、久しぶりにトウヒ(唐檜)の樹を見にいくと、球果(松笠)が落ちていました。

ヨーロッパでは、ドイツトウヒをクリスマスツリーに使うと聞きますが、この樹はその近縁種になります。

私は、トウヒの松笠はきれいなので、クリスマスの飾りにもいいかなと思って、ときどき拾っています。以前記事にした、ツガの球果もそうですが、トウヒもきれいだと思います。

ツガ
ツガ(栂)の樹にたくさんの実がついています

ツガ(栂)は、本州中部から屋久島にかけて自生する日本固有種で、マツ科ツガ属の高木常緑針葉樹です。別名はトガ。樹高30m、胸高直径1mの大木になり、松ぼっくりににた小さい実(球果)をたくさんつけます。ベ ...

続きを見る

,残念ながら、もう落ちていましたが、5月に見たときは、若々しく元気よさそうについていました。生まれたてだったんだろうと思います。(^⊆^)

5月の球果(松笠)

5月の球果(松笠)

写真のように、赤みを帯びていて、水平方向か下向きかげんでついていました。モミは、真上を向いていたのですが、まったく違ったつき方ですね。

よくにた樹でも、この違いは何によるのでしょうか? わかりませんが、興味深いと思います。

たくさんついた球果(松笠)

たくさんついた球果(松笠)

球果はその後、9~10月に熟し、下に垂れ下がるとのことです。

トウヒの葉

トウヒの葉

トウヒの葉

葉は、線形・偏平で長さ7~15mm 幅2mmくらいで、枝全体に、らせん状または蒲鉾状になってたくさんつきます。

葉の先は、若木が鋭頭、成木では鋭頭、鈍頭があると言われますが、写真の葉は鋭頭になっています。ただ、柔らかいためか、触っても痛くは感じません。

トウヒの葉の表

トウヒの葉の表

トウヒの葉の裏

トウヒの葉の裏

葉の表と裏を比較してみました。

表面は、濃緑色で光沢がありますが、裏は2本の灰白色の筋(気孔帯が見られます。また、葉には葉柄がなく、枝の膨らんだ部分(葉枕:ヨウチン)についています。この葉枕の形がトウヒの特徴のようです。(・_・)

トウヒの樹

トウヒの樹

トウヒの樹

このトウヒの樹高は15mくらいで、幹の直径は50cmくらいでしょうか。トウヒは大きくなると、高さが40m、太さが1mくらいになると言われるので、まだ小さいようですが、たくさんの枝を出して元気そうに見えます。

トウヒの幹

トウヒの幹

幹を見ると、ゴツゴツしています。樹皮の色はよくわかりませんが、赤みを帯びていると言えるのでしょうか(資料によると暗赤褐色になるそうです。)、細かく剝れているのが見られます。

トウヒ(唐檜)の基本情報・花言葉

トウヒ(唐檜)は、北東アジアや北海道、本州の紀伊半島、尾瀬沼、中部地方などの亜高山帯に分布する、マツ科トウヒ属(エゾマツの変種)の常緑高木の針葉樹です。トウヒの先祖は、中国東北~朝鮮半島のチョウセントウヒが朝鮮半島~西日本経由で広がった可能性が指摘されているようです。(Wikipedia トウヒ

ヨーロッパでクリスマスツリーによく使われるドイツトウヒは、トウヒの近縁種になります。

名前は、材質がヒノキににていて代用に使え、洋風であるとして、トウヒ(唐檜)とつけられたとのことです。

別名に、ニレモミ、テイノキ、トラノオモミなどがあります。

学名は、Picea jezoensis var. hondoensis。英名は、Japanese spruce。

雌雄同株で、5~6月ころ、雌花、雄花が開花します。

実は、球果(松笠)で長楕円形で長さは3~6cmです。若い時は紅紫色を帯びているが、9~10月ころに熟すし黄褐色になって枝から下垂します。

葉は線形・偏平で、枝にらせん状または蒲鉾状に多数密につく。先は、若木で鋭頭、成木では鋭頭、鈍頭がある。若枝は黄褐色、剛直、無毛、葉枕の両端の溝が深い。葉の裏面は、灰白色の気孔線が2状ある。葉が無柄で葉枕に着いている。この葉枕の形がトウヒ属の特徴。(木のぬくもり・森のぬくもり トウヒ

樹高は大きいもので40m、太さ1mほどになると言われます。樹皮は、暗赤褐色で小さな鱗片状に剥がれます。

材は白栂(シロツガ)とも呼ばれ、天井板や柱などの建築材や建具、曲物などと用途が多いと言われます。

トウヒの花言葉は、「不運の中での希望」

参照サイト

Wikipedia トウヒ

木のぬくもり・森のぬくもり トウヒ

庭木図鑑 樹木ペディア トウヒ

中川重年著 保育社 「針葉樹

関連投稿

モミの樹
クリスマスツリーとして知られるモミ(樅)

モミ(樅)は、秋田県・岩手県以南に自生する日本固有種で、マツ科モミ属の常緑高木の針葉樹です。クリスマスツリー用の樹として有名ですが、名前は風で揉み合う様子から「揉む」が語源となったなどの説があります。 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-常緑高木, 樹木, 針葉樹
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ