チェリーセージ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草本 草花

赤と白に咲く、チェリーセージの花

2021年9月29日

PR

チェリーセージは、アメリカ南部からメキシコが原産のシソ科アキギリ属の園芸品種で宿根性の多年草です。花期は4~11月で、茎の先や葉腋から花序になって、赤と白の2唇形の花を咲かせます。虫よけの効果がありコンパニオンプラントとしても利用されるようです。

赤と白に咲く、チェリ-セージの花

チェリーセイジの花

チェリーセージの花

チェリーセージの花

道路沿いの空き地に植えられたチェリーセージに、花が咲いていたので、撮らせてもらいました。

宿根性の多年草ですが、根がよく伸びているようで、周囲にたくさんの茎がでています。

チェリーセージは、アメリカ南部からメキシコが原産のシソ科で、花は赤と白の2色の2唇形です。

花期は4~11月と長く、最初に見たのが5月でしたが、9月末のいまも元気に咲いています。

花の大きさは1cmくらいで、名前のように、花や葉は、サクランボのような匂いがすると言われます。

この匂いのため、虫よけの効果があり、コンパニオンプラントとしても利用できるようです。

たくさん咲くチェリーセージ

たくさん咲くチェリーセージ

気がつきませんでしたが、花の色は、時期によって赤が優勢(夏)になったり、白くなったり変化するようです。ただし、夏には花がつけないこともあるようです。

この写真は、5月に撮ったのですが、赤と白が混じったものが多いようですが、白だけのものや赤だけのものもあるようです。

咲く色が変化しながら、長く咲いてくれるので、うれしい花ですね。

チェリーセージの葉

チェリーセージの葉と茎

チェリーセージの葉

チェリーセージの葉は対生し、写真のように葉柄ついた卵形で、縁には緩い鋸歯があります。

草丈は60~150cmで、根が張ると叢生し、基部は木質化します。

寒さにはあまり強くないようですが、耐寒の最低気温は-5℃~-10℃とのことです。

また、増やし方は、種蒔きや挿し木が一般的なようです。

種蒔きの場合、春まきは4月~5月、秋まきは9月~10月が適期と言われ、挿し木は、5~7月が適しているとのことです。

チェリーセイジの基本情報・花言葉

チェリーセージは、アメリカ南部からメキシコが原産のシソ科アキギリ属の園芸品種で多年草です。

別名は、サルビア・ミクロフィル ホットリップス。

学名は、Salvia microphylla 'Hot Lips'。英名は、hot lips sage。

花期は4~11月で、茎の先や葉腋から花序になって唇形の花を咲かせます。涼しいときには白色と赤色の2色、暑い真夏には赤色の1色になったり、両者の花が混じることもあり、白色だけになることもあります。

葉は対生し、葉柄はついた卵形で、縁には鋸歯があります。

草丈は60~150cmで、基部は木質化しますが、根が充実すると周囲に叢生して増えます。

花や葉を揉むとサクランボのような香りがし、虫よけの効果がありコンパニオンプラントとしても有効と言われます。

また、種蒔きや挿し木などで、増やすことができます。

種蒔きの場合は、春まきなら4月~5月、秋まきなら9月~10月が適期で、挿し木は、5~7月が適しているとのことです。

チェリーセージの花言葉は「燃ゆる思い」、「尊重」、「知恵」で、10月5日、11月5日、12月18日の誕生花です

参照サイト

Wikipedia チェリーセージ

三河の植物観察 ホットリップス(チェリーセージ)

Green Sanp  チェリーセージ

弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」 サルビア・ミクロフィラ ホットリップス

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-草本, 草花
-, , , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ