ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

8~10月に咲くオヒシバ(雄日芝)の花、メヒシバ(雌日芝)との違い

2021年8月23日

オヒシバ

オヒシバは、花期が8~10月で、茎の先端に放射状に長さ5~8cmの穂状の花序を2~7個つけます。名前は、日向(ヒナタ)によく生え、メヒシバ(雌日芝)にくらべて逞しいことに由来します。ここでは、オヒシバの特徴と、メヒシバとの違いについて書きました。

8~10月に咲くオヒシバ(雄日芝)の花、メヒシバ(雌日芝)との違い

オヒシバ(雄日芝)

オヒシバの花

オヒシバの花

通りかかった田の近くに、オヒシバ(雄日芝)の花が咲いていました。

8月になって、田ではイネに実がついて垂れ下がってきていますが、オヒシバも咲いてきたようです。

本州以南に分布し、草丈は20~50cmで、地下茎や匍匐枝はなく、株立ちになって力強く生えるイネ科の一年草で、

長く伸びた茎の先端に、放射状に長さ5~8cmの花序を2~7個つけ、よく目につきます。

オヒシバと同じイネ科に、名前もよくにた、メヒシバ(雌日芝)があり、混同されがちです。

メヒシバは、オヒシバに較べて細く優しげで、日本全土に分布し、細い茎が地面をはって伸び、枝分かれして、根を出します

どんな花だったかというと、つぎの写真ように、オヒシバより太さが細いものでした。

メヒシバの花

メヒシバの花

このように、花や、茎の形などの違いから雌、雄を区別し、日向(ヒナタ)で咲く芝なので、それぞれの名前が付けられたといわれます。

生えている場所は、同じようなところなので、間違うことがあるかもしれませんが、よく見ると確かに違います。

私が見た限りでは、両者は一緒に生えているというより、別の場所で、それぞれが繁殖していることが多いようです。

メヒシバについては、記事にしていますので、詳しくはこちらもご覧ください。

メヒシバの花
穂状の花を放射状につけるメヒシバ(雌日芝)

メヒシバ(雌日芝)の花期7月~11月で、花茎の先に5~15cmの穂状の花を3~8本咲かせます。畑、空き地などで群生で生えることが多い繁殖力の強い雑草で、全世界の熱帯から温帯に分布し、日本全土に生えるイ ...

オヒシバも、メヒシバと同じような形で花序をつけていますが、

長く伸びた茎の先に、放射状に長さ5~8cmの花序を2~7個つけています。

花序の太さが違っているので、見た目でもわかるかと思います。

オヒシバの別名は、チカラグサ(力草)。茎が強く、引きちぎるのに力がいることに由来します。

花言葉は、「雑草のように生きる」

根や茎が丈夫で、生命力のつよい雑草であることによります。

オヒシバの花序をマクロで撮ってみました。

オヒシバの穂

オヒシバの花序

ながく伸びた花序に、2列にそろって、扁平な小穂がたくさんついています。

この小穂から、数個の花が咲きますが写真のものは、まだついていないようです。(>_<)

なお、オヒシバはイネ科ですが、残念ながら実は食用にはなりません

ただ、同じイネ科オヒシバ属にシコクビエ(四石稗)という種類があり、昔は西日本で栽培されて食用にされたようです。

鳥などは食べるのかもしれませんね。

オヒシバの茎は太く、株立ちのようになって育ちます。

オヒシバの根元

オヒシバの根元

草丈は20~30cmになりますが、根をしっかりはるので、大きくなると引き抜くのが厄介です。

メヒシバは、細目の茎で、長く地面にそって伸び、茎から根を出すので、この点も違います。

葉は茎の下の方につき、長さ8〜30cm 幅3〜6mmの線形で先が尖っています。

メヒシバの葉は、長さ10〜20cm、幅5〜10mmなので、葉はメヒシバのほう太くなります。

オヒシバとメヒシバの違い

本記事で書いたオヒシバと、メヒシバの違いを一覧表にまとめました。

オヒシバとメヒシバの違い
オヒシバ メヒシバ
花序の違い 太い 細い
茎の育ち方 太く株立ち 細く地面を這う
葉の大きさ 長さ8〜30cm 幅3〜6mm(細目) 長さ10〜20cm、幅5〜10mm(太目)
日本の分布 本州以南 日本全土

オヒシバの基本情報・花言葉

オヒシバ(雄日芝)は、世界の温帯から熱帯に分布し、日本の本州以南に生えるイネ科オヒシバ属の一年草です。

オヒシバの名前は、日向(ヒナタ)によく生え、メヒシバ(雌日芝)にくらべて逞しいことから名づけられたとのことです。

別名は、チカラグサ(力草)。茎が強く、引きちぎるのに力がいることに由来します。

学名は、Eleusine indica

英名は、indian goosegrass

花期は8~10月、茎の先端のほぼ同じ位置に、放射状に長さ5~8cmの花序を2~7個つけ、それぞれの穂の外側に2列に、扁平な小穂をたくさんつけます。

葉は、長さ8〜30cm 幅3〜6mmで、茎の下部に集まり、茎を包むようにつきます。やや堅く平滑で、縁に長い軟毛をつけます。

草丈は20~50cmで、地下茎や匍匐枝はなく、株立ちになります。

オヒシバの花言葉は、「雑草のように生きる」

根や茎が丈夫で、生命力のつよい雑草であることに由来します。

参照サイト

Wikipedia オヒシバ

松江の花図鑑 オヒシバ

FLOWERs オヒシバ



~いま見ごろの花たち~

-一年草, 草本, 野草
-,