PR

スモモの花

落葉小高木

スモモ(李、酢桃)の花も咲きました

2021年3月23日

PR

 

スモモ(李)の白い花も咲きました。家の近くに植えられていて、こどもの頃から、よく実が生って毎年食べるのが楽しみでした。その思い出があるからでしょうか、この花をみるとうれしくなります。最近は生る実の数は少ないようですが、花だけでもいいかなとも思います。

スモモ(李、酢桃)の花

ミツマタの傍で咲くスモモ
ミツマタの傍で咲くスモモ

ミツマタがきれいに咲いている隣で、

スモモ(李)の樹に、白い花が咲きました。

白い花なので、遠くからもよく見えて楽しませてくれます。(^_^)

5mくらいはあるでしょうか、結構大きな樹です。

スモモは、モモにくらべて酸味が強いことから、

スモモと呼ばれるようになったとのこと。

たしかに、甘いモモと違って酸っぱさがあり、大きさも小ぶり、

最近は、プラムとも呼ばれているようですね。

Wikipediaには、ハダンキョウと呼ぶ地方があると書かれていますが、

私は子供のころハランキョウと呼んでいました。

今でもそう呼ぶことがあります。

昨年も書いていますが、習性というんでしょうか、

やはり、ミツマタを取り入れた写真をのせていました。

 

花がまとまってつくスモモ
花がまとまってつくスモモ

でも、ミツマタの黄色と、スモモの白の取り合わせが、ちょっといい感じです。

見上げた青い空に、たくさんの白い花が咲いている、やはりきれですね。

同じ時期のサクラは、たくさんの花が一気に咲いて別格ですが、

地味なスモモも、ちがった味わいがあり、

人のこころを豊かにしてくれるように思います。

枝先の花々
枝先の花々

スモモの花は、集散花序のような形というんでしょうか、

数個の花がまとまって枝についています。

そのまとまった花が、間隔を置いてついているのが特徴でしょうか。

いまはまだツボミもあって、満開の少し手前のようです。

スモモの花たち
スモモの花たち

樹が高いので、花の詳しい様子はわかりにくいのですが、

なんとか撮ったのがこの写真です。

一個一個の花の大きさは、20mmくらいでしょうか、

そして、花弁が5枚で、たくさんの雄しべがついています。

スモモの花と蜂
スモモの花と蜂

虫たちも活動を始めています。

この花には、小さな蜂が飛んできて、蜜を吸っています。

なかなかカメラのほうを向いてくれないので、こんな写真になりましたが、

大きめの花の集まりの右側に、下向きに止まっているのが写っています。

隣のミツマタにも、大きな蜂や蝶がきています。

生き物は植物を頼りにし、植物もまた助けられていることを、

あらためて感じます。

 

スモモの基本情報・花言葉

スモモは、バラ科サクラ属の落葉小高木。

来歴はよくわかりませんが、古い時代に中国から伝わったようです。

モモと名が付きますが、モモ属ではなくサクラ属とのことで、杏や梅に近い種類のようです。

 

スモモの花言葉は、「誤解」。

「瓜田(カデン)に履(クツ)を納(イ)れず、李下(リカ)に冠(カンムリ)を正さず」の

後半の部分に由来するそうです。

人に怪しまれるような行いはしてはいけない、という教え

(出典元は、中国の古典詩である古楽府(コガフ)とのこと)

 

おわりに

今年も、家の近くのスモモの樹に白い花が咲きました。

こどもの頃から親しんできた樹なので、愛着があり、

花をみると癒されます。

といっても、なんとなく白い花と思っていただけで、

写真を撮るのは、去年と今年の二回目です。

花が咲くとさっそく虫たちがよってきて蜜を吸っています。

周辺の樹々も、元気に赤い芽や緑の葉を出していて、

こちらもじっとしていられないこの頃です。(^W^)

 

参照サイト

Wikipedia スモモ

みんなの趣味の園芸 スモモ

花言葉-由来 スモモ

ことわざ辞典 瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず

 

関連投稿

スモモの花のつき方
李下に冠を正さずのスモモ

李下に冠を正さずという諺に使われている、スモモの白い花が咲きました。         <目次> スモモの花関連投稿 スモモの花 スモモの花 中国の古典に由来することわざ、「李下に冠を正さず」(スモモの ...

続きを見る

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-落葉小高木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ