外来植物

アオギリ

樹木 落葉高木

アオギリ(青桐)の大きな花

アオギリ(青桐)は、中国南部・東南アジア原産で、伊豆半島・紀伊半島などの太平洋側や、大隅半島、沖縄などに分布するアオギリ科の落葉高木です。名前は、葉が桐ににており、樹皮が青い(緑)ことに由来します。花 ...

タイサンボクの花

常緑高木 樹木

タイサンボク(泰山木、大山木)に咲く白く大きな花

タイサンボク(泰山木、大山木)は、北米中南部原産で、関東以西の公園や街路樹で見られるモクレン科モクレン属の常緑高木で、1873(明治6)年に渡来したようです。花が大きなサカズキ(盞)にようだとして大盞 ...

ルドベキアの花

草本 草花

アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草、別名:ルドベキア)の黄色い花

アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草、別名:ルドベキア)は、北アメリカ原産のキク科オオハンゴンソウ属の一年草・多年草です。北海道では戦前から生えていたそうですが、今は日本全土で見られるようです。花期は6~1 ...

フサフジウツギの花

樹木 落葉低木

フサフジウツギ(房藤空木)の紫の花

フサフジウツギ(房藤空木)は、中国原産と言われ、ゴマノハグサ科 フジウツギ属の落葉低木です。花期は7~10月で、枝の先にフジ(藤)の花のような花をつけ、樹がウツギ(空木)ににています。園芸品種として、 ...

PR

マツバギクの花

草本 草花

マツバギク(松葉菊)のピンクの花

マツバギク(松葉菊)は、南アフリカ原産で、ハマミズナ科マツバギク属の多肉植物の多年草です。葉が「マツ」のように細長く、花が「キク」ににていますが、キクの仲間ではありません。耐寒性、耐暑性があり、グラン ...

草本 草花

ナツズイセン(夏水仙)は、ユリににたピンクの花です

ナツズイセン(夏水仙)は、中国原産で、日本の本州から九州に分布するヒガンバナ科の多年草です。名前は、葉が水仙ににており、夏に咲くことに由来します。花茎の先の先端が6枚に分かれ、ユリににた筒状のピンクの ...

セイヨウフウチョウソウ

草本 草花

セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草、別名クレオメ)の花が咲きました

セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草、別名クレオメ)は、メキシコやペルーなどの熱帯アメリカが原産で、フウチョウソウ科の一年草です。花は、夕方に咲いて、2~3日で萎みますが、花期は7~10月上旬で、夏から ...

カンナの花

草本 草花

黄やオレンジのカンナの花が咲いています

カンナは、熱帯アメリカ原産のカンナ科カンナ属の多年草です。コロンブスの時代にヨーロッパにもたらされ、日本へは江戸時代に渡来したが、栽培品種が多くあり、花も葉も楽しめます。花期は6~10月中旬で、暑い夏 ...

アガパンサスの花

草本 草花

薄紫のアガパンサス(紫君子蘭)の花

アガパンサス(和名:紫君子蘭)は、南アフリカ原産のユリ科の球根性の多年草です。ギリシャ語の「agape」(愛)と、「anthos」(花)を語源にした名前です。英名は「アフリカンリリー」。花期は5月下旬 ...

PR

オシロイバナ

草本 草花

オシロイバナ(白粉花)の花が咲いています

オシロイバナ(白粉花)は、熱帯アメリカ原産の帰化植物で、オシロイバナ科の一年草または多年草です。種の中に「おしろい」のような白い粉が入っているので、オシロイバナと名づけられました。夕方に咲いて、翌日の ...

キミガヨラン

常緑低木 樹木

キミガヨラン(君が代蘭)の白い花

キミガヨラン(君が代蘭)は、北米原産のリュウゼツラン科ユッカ属の常緑低木です。5~10月までの長い期間、長く伸びた花茎に、5~6cmの壺形の白い花をたくさん咲かせます。日本では、結実しないため、繁殖は ...

ヤブカンゾウの花

草本 野草

ヤブカンゾウ(薮萱草)のオレンジの花

ヤブカンゾウ(薮萱草)は、中国原産で、日本全土に分布するといわれるツルボラン科ワスレグサ属の多年草です。花期は7~8月で、八重咲きのオレンジ色の花を咲かせます。若葉やツボミは山菜になりますが、生薬(「 ...

マルハマンネングサ

多肉植物 草本

マルバマンネングサ(丸葉万年草)の黄色い花

マルバマンネングサ(丸葉万年草)は、本州から九州に分布するベンケイソウの常緑多年草です。7月に、道路沿いの斜面や石垣などで、黄色い花を咲かせています。マンネングサの仲間は、同じような星形の花ですが、茎 ...

キョウチクトウの花

常緑小高木 樹木

キョウチクトウ(夾竹桃)の花がさいています

キョウチクトウ(夾竹桃)は、インドから中近東が原産で、日本では主に関東以南で栽培されるキョウチクトウ科の常緑小高木です。夏の暑い時期にたくさんの花を咲かせ、賑わせてくれます。花は、一重や八重、いろはピ ...

PR

ノウゼンカズラの花

草本 蔓性植物

ノウゼンカズラ(凌霄花)のオレンジの花

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、平安時代に中国から伝来したといわれる、つる性の落葉植物です。蔓は、3~10mほど伸びるといわれ、高い樹から垂れ下がっているのを見かけます。6~7月に、オレンジ色の漏斗状の花 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ