蔓性植物

草木 蔓性植物

マルバルコウ(丸葉縷紅)のオレンジの花

マルバルコウ(丸葉縷紅)は、北アメリカ原産で、日本では中部地方以南でよく見られるヒルガオ科サツマイモ属の一年草です。江戸時代に、日本に観賞用に渡来し、いまは野生化していると言われます。8~10月の間、 ...

ガガイモの花

草木 蔓性植物

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)の薄紫の花

2021/9/4    

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)は、中国、朝鮮半島などの東アジア一帯や日本全土に分布する、キョウチクトウ科のツル性多年草です。名前は、葉がスッポン(ガガ)ににていて、地下にイモがつくことに由来するいわれます。古 ...

ヤブガラシの花

草木 蔓性植物

色がきれいな、ヤブガラシ(藪枯)の花

2021/9/1    

ヤブガラシ(藪枯)は、東南アジアから東アジアや日本の北海道南西部から南西諸島に分布する,、ブドウ科のツル性多年草です。名前は、藪を覆って他の植物を枯らしてしまうほど元気なことに由来します。小さな花は、 ...

ウキツリボクの花

草木 蔓性植物

ウキツリボク(浮釣木)に咲く、赤と黄の花がきれいです

2021/6/30    

ウキツリボク(浮釣木)は、ブラジル原産のつる性常緑低木です。別名はチロリアンランプで、赤くふくらんだ萼と、その下の黄色い花びらが、人の目を引くきれいな花です。関東南部以西で露地栽培でき、花期は6~11 ...

蔓性植物 野草

春に咲くミヤマヨメナ(深山嫁菜)がきれいです

2021/5/9    ,

ミヤマヨメナは、春に咲くキク科の植物です。5月のいま、近くの野で、薄いピンクや白い花が、小さく群生して咲いています。ミヤマヨメナの改良品種にミヤコワスレがありますが、他のヨメナ類(開花時期は7月ころ) ...

ミツバアケビの花

蔓性植物

ミツバアケビ( 三葉木通 )の花が咲きました

ミツバアケビ(三葉木通)は、中国や朝鮮半島に分布し、日本では北海道から九州に生えるアケビ科アケビ属の落葉つる性植物です。蔓(ツル)はカゴなどの細工に使われ、実や新芽は食べられてきました。3月後半になり ...

カラスウリ

蔓性植物

カラスウリの実がなっていました!

車で走っていると、竹藪の中に赤い実が目に入りました。何かと思って車を止めてみると、たくさんのカラスウリの実がついていました。あまり見かけることがないので、さっそく写真に撮らせてもらいました。 カラスウ ...

ノイバラの実

蔓性植物

ノイバラ(野茨)の実が赤く色づきました

ノイバラ(野茨)は、バラ科のつる性落葉低木です。6月ころに白い花を咲かせ、実は9~10月ころに赤く熟します。冬に葉が落ちた後も、赤い実はそのまま枝に残るので、よく目立ち、装飾などに使われるようです。棘 ...

ヤブマメ

蔓性植物

ヤブマメ(藪豆)の花が終わりかけて、実がつき始めました

10月になり、ヤブマメ(藪豆)の花が終わりかけて、実をつけ始めています。ヤブマメは、地上に開放花と閉鎖花を咲かせ、地中にも閉鎖花を咲かせる3種類の花で種をつくり、子孫を残す戦略をとっています。地中の種 ...

アオツズラフジ

蔓性植物

アオツヅラフジ(青葛藤)の長いツルに、黒い実がついています

2021/9/13    ,

アオツヅラフジ(青葛藤)は、雌雄異株のツル性落葉植物で、秋に黒くて小さな実をつけます。ブドウのようにかたまってたくさんの実をつけますが、粒は小さく、有毒です。見た目は美味しそうですが、食べてはいけない ...

ネナシカズラ

蔓性植物

他の植物に寄生して生きるネナシカズラ(根無葛)の生態や花について

2021/8/10    

ネナシカズラ(根無葛)は、日本全土に分布するヒルガオ科のつる性の一年草です。自分では光合成をせず、他の植物に巻き付いて根を入れ、養分を盗って生きている寄生植物です。いろんな植物がいるものですが、ネナシ ...

クズ(葛)の花

蔓性植物

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)に花が咲いています

秋の七種(ナナクサ)のクズ(葛)は、マメ科クズ属のつる性多年草で、空き地などでよく繁殖しています。根にはデンプンが含まれており、くず粉がつくられ、料理や漢方薬に利用されています。ただ、繁殖力が旺盛なの ...

© 2021 山に出かけてecoライフ