カテゴリー
落葉低木

秋の七種(ナナクサ)、ハギ(萩)

秋の七種(ナナクサ)の一つ、ハギ(萩)の花がピンクに咲いています。

秋の七種(ナナクサ)、ハギ(萩)

ハギ(萩)の樹と花
ハギ(萩)の樹と花

ハギ(萩)は、マメ科ハギ属の落葉低木で、根粒で育つパイオニア(先駆)植物です。

漢字の「萩」は、日本でつくられたものであり、日本の秋の代表的植物であることを表しています。   (゚ー゚)

最近の花のような派手さはありませんが、たくさんの枝に7月ころから、小さな赤紫の花を咲かせています。10月ころまで長く咲きます。

春の七草は、セリ(芹)、ナズナ(薺)、ゴギョウ(御形)、ハコベラ(繁縷)、ホトケノザ(仏の座)、スズナ(菘、カブラ)、スズシロ(蘿蔔、ダイコン)で、1月7日の七草粥に入れて食べる野草です。

それにたいして、

秋の七種は、ハギ(萩)、ススキ(尾花)、クズ(葛)、ナデシコ(撫子)、オミナエシ(女郎花)、フジバカマ(藤袴)、キキョウ(桔梗)で、見て楽しむ花としてとり上げられたものです。

これらの花は、山上憶良によって歌われ、万葉集に次のように掲載されています。

秋の野に咲きたる花を指折り(およびをり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝貌(あさがお)の花

             万葉集 1537-1538

七種と書くのは、ハギ(萩)が草ではなく樹であるためとのことです。また、「朝貌」はいまの「桔梗」になります。

現代の花のような派手さはないかもしれませんが、万葉集で最も多く読まれている花だそうです。

ハギ(萩)の花
ハギ(萩)の花

万葉人が親しみを持ってみていたと思うと、興味がわきます。

ハギ(萩)は、樹が大きく太ることはなく、毎年、根元から新しく芽を出します。

このため、芽子(ハギ)、生芽(ハエギー>ハギ)と書かれたこともあるとのことです。

そして、花は古い枝にはつかず、その年に伸びた枝につきます。そのため、花をたくさん咲かせるためには、冬に枝を切るのがいいとのことです。

また、枝や葉は家畜の飼料にされたり、枝を束ねて箒(ホオキ)などに、身近につかっていたようです。  

ハギ(萩)は、ススキ(尾花)とともに邪気を払う力があるとされ、お月見に団子とともに供えられてきました。  (゚ー゚)

ハギ(萩)の花言葉は、「思案」、「内気」、「柔軟な精神」。

 

おわりに

秋の七種(ナナクサ)の一つであるハギ(萩)の花が、盛んに咲いています。万葉集で一番多く詠まれている花であり、古くから人々に親しまれてきた花です。派手さはありませんが、いい花だと思います。

関連投稿

 キランソウ、スミレなどの野草

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)

 ヌスビトハギ(盗人萩)の花と種

          

ランキング応援を、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

楽天ROOM、コーヒー製品を特集中

私のroom