多年草

ヤマネコノメソウの実

野草

ヤマネコノメソウ( 山猫目草 )の実 と花

2021/4/18    

いつも行く山で、ヤマネコノマソウ(山猫目草)が実をつけていました。実をつけた様子が、近縁種のネコノメソウ(猫目草)と同様、猫の目ににているとしてヤマネコノメソウ(山猫目草)と名づけられたそうです。ヤマ ...

ワサビの花

林産物栽培

ワサビ(山葵)でお浸しを作りました

2021/4/27    ,

林地で少しばかりの畑わさびを作っています。畑ワサビなので、根っこが大きくなるのはあまり期待できないので、毎年、葉や茎をお浸しにして食べています。作ったお浸しは、ピリッと辛くて、独特の味がして、美味しく ...

シャガ

野草

4月に、シャガ(射干、著莪)の花が咲き始めました

2021/6/21    ,

シャガ(射干、著莪)は、別名コチョウバナ(胡蝶花)で、古い時代の中国からの帰化植物で、アヤメ科の常緑多年草です。人里や人家近くなどの少し湿った場所で、地下茎を伸ばして群生し、4月ごろから咲きます。近縁 ...

ゼンマイ

野草

ワラビ(蕨)、ゼンマイ(薇)、コゴミ(屈)の違い

2021/5/28    , ,

ワラビ(蕨)、ゼンマイ(薇)、コゴミ(屈)は、山菜として良く知られ、よく食べられていますが、同じころに芽を出し、よくにています。今年もワラビをいただきましたが、ゼンマイも芽を出してきています。コゴミは ...

カラスノエンドウ

野草

カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサ

2021/4/27    ,

  カラスノエンドウ(烏野豌豆)、スズメノエンドウ(雀野豌豆)、カスマグサ(かす間草)は、互いによくにたつる性の野生植物です。つるはそれほど長く伸びることはなく、群生して生えているようです。 ...

ミニラッパスイセン

草花

ラッパスイセンや八重のスイセンが咲いています

2021/4/10    , ,

12月から咲き始めたニホンスイセンが、3月になり元気がなくなってきたようです。かわって、いろんな形のラッパスイセンが咲き始めました。ミニラッパスイセン、花びらのいろや形が違う大きなラッパスイセン、八重 ...

サクラソウ

草花

ハート型の花びらのサクラソウ(桜草)

5枚の鮮やかなピンクの花びらをしたサクラソウ(桜草)が咲いています。よく見ると、花びらのひと一つは、外周部がくびれいて、ハート型をしているんですね。たくさん咲いた花のハートから優しさが伝わってくるよう ...

ギョウジャニンニク

山菜

ギョウジャニンニク(行者葫)が生えてきました

2021/3/14    

5年以上まえに、ギョウジャニンニク(行者葫)の苗を植えてみました。鹿に食べられないときいたので、半信半疑で植えてみましたが、残念ながら食べられました。今は、鹿が侵入しない畑で少しだけ育てていますが、そ ...

キランソウ

野草

キランソウ(金瘡小草)の花も咲いています

2021/5/13    ,

畑の近くの石垣のキランソウ(金瘡小草)、別名ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)に、紫いろの小さな花が咲き出しました。普通によく見かける野草ですが、民間薬として使われてきたため、地方によってはイシャシラ ...

アシタバ

家庭菜園

アシタバ(明日葉)の種をとりました

アシタバ(明日葉)は日本固有種で、セリ科の多年草です。総半島から紀伊半島南部や、伊豆諸島の太平洋岸に自生します。8月ころから花が咲いた株に、種がつきましたが、12月になり種が充実してきたため採取しまし ...

ハラン

草花

庭の木陰で育つハラン(葉蘭)

2021/2/28    ,

庭の木陰に植えているハラン(葉蘭)、古名:バラン(馬蘭)が、元気に育っています。幅が広く、長く伸びた葉は、料理の飾りや切り花などに使われるといわれますが、一年を通じてきれいな緑を見せてくれます。 ハラ ...

アシタバ

家庭菜園

アシタバ(明日葉)を畑に植えました

去年の今ごろ種をとり、プランタで発芽させて育てていたアシタバ(明日葉)の苗を畑に植えました。 アシタバの植え付け 畑に植えたアシタバの苗 プランタで育てていた、アシタバの苗を畑に植えました。 いままで ...

© 2021 山に出かけてecoライフ