カテゴリー
常緑低木

ミヤマシキミ(深山樒)の赤い実

2年前ほどに見つけたミヤマシキミ(深山樒)が赤い実をつけました。雌雄がわからなかったのですが、ハッキリしました。

ミヤマシキミの実

ミヤマシキミ
ミヤマシキミ

数週間前に緑の実をつけていましたが、赤くなりました。

山で見つけてから、花が咲いているのは見ていましたが、実(ミ)

は初めて見ました。           (^_^)

実の大きさは、5mmくらいでしょうか。

かたまって、ついています。

背は1mくらいと低いのですが、赤い実をつけていると、よく目立ちます。

ミヤマシキミの葉とツボミ
ミヤマシキミの葉とツボミ

葉がシキミににていますが、幅が狭く細長い感じがします。

写真のように、枝の先には、ツボミのようなものがついています。

花の時期は、4月頃からなのですが、今から準備をしているようです。

ミヤマシキミの雄?
ミヤマシキミの雄?

近くには、花がさいていない株もあります。

雄かとも思うのですが、雌であっても、咲いていないかも知れません。

もう何年か様子を見てみるくらいしか、確認するすべはないんでしょうか。

ミヤマシキミの花々
ミヤマシキミの花々

こちらは、別の場所に生えているミヤマシキミです。

4月にたくさんの花を咲かせていました。

たくさんの花なので、見栄えはします。

ミヤマシキミの花
ミヤマシキミの花

円錐花序で、たくさんの花です。

でも、こちらも実をつけていません。

しつこいですが、雄かな。

この樹は、葉がシキミに似ているので、ミヤマシキミと名づけられたとのことです。

ミヤマシキミは、ミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木で、雌雄異株、有毒です。

庭木などにもされているようですが、有毒なので、気をつけなくてはなりません。

宮城県以南に分布すると言われます。

近縁種にツルシキミと呼ばれる種があるそうですが、こちらは、北海道や東北地方などの雪の多い地方に分布しているようです。

ミヤマシキミの花言葉は、「寛容」、「清純」。

おわりに

いままで雌雄がわからなかったミヤマシキミに赤い実がつきました。これで、雌だとわかりました。雌雄異株の樹木は、雄雌を見分けるのに手こずることがありますが、わかると楽しいものです。

参照サイト

 Wikipedia ミヤマシキミ ツルシキミ

 BONTANICA

 

関連投稿

 バッコヤナギ・ミヤマシキミ・ウリカエデ

 クロモジやシキミの花が咲いています!

 

 

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom