針葉樹

トウヒの球果

常緑高木 樹木 針葉樹

トウヒ(唐檜)の球果(松笠)

2021/11/17    ,

トウヒ(唐檜)は、北東アジアや北海道、本州の紀伊半島、尾瀬沼、中部地方などの亜高山帯に分布する、マツ科トウヒ属(エゾマツの変種)の常緑高木の針葉樹です。近くで大きく育ち、毎年、きれいな形の球果(松笠) ...

モミの樹

常緑高木 樹木 針葉樹

クリスマスツリーとして知られるモミ(樅)

2021/11/17    ,

モミ(樅)は、秋田県・岩手県以南に自生する日本固有種で、マツ科モミ属の常緑高木の針葉樹です。クリスマスツリー用の樹として有名ですが、名前は風で揉み合う様子から「揉む」が語源となったなどの説があります。 ...

コウヤマキ

常緑高木 樹木

水に強いコウヤマキ(高野槙)

コウヤマキ(高野槙)(別名:ホンマキ(本槙))は、秋篠宮悠仁親王のお印として知られていますが、木曽や高野山に多く植えられているといわれます。水に強いため、古墳時代には木棺や木簡に使われていたそうですが ...

ヒノキ

常緑高木 樹木

ヒノキ(檜)、アスナロ(翌檜)、サワラ(椹)との違い

2021/10/18    , ,

ヒノキ(檜)は、加工性に優れ、緻密で狂いがすくなく、芳香を放つなどのことから、神社や寺院の建築によく使われ、日本の最高品質の建築材と言われます。ここでは、ヒノキ(檜)の特徴と、近縁種のアスナロ(翌檜) ...

PR

スギの雄花

常緑高木 樹木

スギ(杉)の樹と花粉などについて

2021/10/18    , , ,

スギは日,本の固有種です。本州から種子島までに自生するヒノキ科スギ亜科スギ属の常緑針葉樹です。建築や加工用の資材として有用なため、戦後、大量に植林されましたが、林業の低迷に伴って手入れ不足の森林が多く ...

アカマツ

常緑高木 樹木

アカマツ(赤松、別名雌松)とクロマツ(黒松、別名雄松)について

2021/11/28    , , ,

アカマツとクロマツの違いは、アカマツは幹が赤く、内陸部生え、葉の先に触れても痛くなく、松笠が小さく、冬芽が赤い、のに対し、クロマツは幹が黒く、海岸沿いに生え、葉の先端が痛い、松笠が大きい、冬芽が白い、 ...

ツガ

常緑高木 樹木

ツガ(栂)の樹にたくさんの実がついています

2021/10/18    ,

ツガ(栂)は、本州中部から屋久島にかけて自生する日本固有種で、マツ科ツガ属の高木常緑針葉樹です。別名はトガ。樹高30m、胸高直径1mの大木になり、松ぼっくりににた小さい実(球果)をたくさんつけます。ベ ...

カヤの実

常緑高木 樹木

カヤ(榧)、イヌガヤ(犬榧)との違い

2021/11/22    , ,

カヤ(榧)は、イヌガ(犬榧)と次の点で違います。カヤの葉は、先が尖っていて痛く、ちぎると匂いがし、実を食用にします。一方、イヌガヤの葉は、先が柔らかいので触っても痛くなく、ちぎっても匂いません、また実 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ