カテゴリー
落葉高木

センダン(栴檀)の実がなっています

センダン(栴檀)の実がたくさん生っています。やがて葉が落ちると、樹には黄っぽい実だけが残るでしょう。

センダンの実

たくさんのセンダンの実(11月撮影)
たくさんのセンダンの実(11月撮影)

センダン(栴檀)は、ヒマラヤ地方原産といわれるセンダン科センダン属の落葉高木です。

名前は、秋に熟した黄色い実がたくさんついている様子を「千団子(センダンゴ)」と呼んでいたことからセンダンとよばれるようになったのではないかとのことです。

ただ、名前の由来については、諸説あるようです。

別名として、アフチ(棟)、オオチ、オウチ、アミノキなどと呼ばれたことがあるそうです。

栴檀は双葉より芳し」と言われますが、この言葉の「栴檀」は、香木として知られる白檀のことで、センダンとはちがうようです。

日本では、関東地方以南の暖かい地方に自生しており、庭木や街路樹としても植えられているとのことです。

熟したセンダンの実
熟したセンダンの実

センダンの実は15mmほどの大きさで、写真のように黄褐色に熟し、葉が落ちた後も、樹にそのまま残ります。

実にはサポニンが含まれてるため、人がたくさん食べると中毒をおこすとのことですが、カラスやヒヨドリなどは食べるようです。

昨年のセンダンの実
昨年のセンダンの実

こちらは、昨年のセンダンの実です。表面にしわができ、色は茶色が濃くなっています。

実は薬効があり、あかぎれやしもやけに外用され、整腸薬や鎮痛剤として内服されてきたとのことです。

センダンの花と葉

センダンの花
センダンの花

センダンの花は、5~6月ころに咲きます。

花は、枝の葉の付け根(葉腋(ヨウエキ)と言われます)から集散花序を出してたくさんの小さな花を咲かせます。

淡紫色で、香りがする可愛い花で、花弁5枚、雄しべは10本つきます。

センダンの葉を見てみます。

センダンの葉
センダンの葉

こちらは、センダンの小苗です。

ご覧のように、小葉は卵状の楕円形で切れ込みが見られ、2回奇数羽状複葉で、互生しています。

葉には、除虫効果があり、昔から防虫のために使われてきたと言われます。

このためでしょうか、鹿も食べないようです。(^_^)

センダンの樹

センダンの樹
センダンの樹

センダンは、成長がはやいそうです。

樹は写真のように、枝を大きく広げ、高く伸びています。

また植えてから20~30年と早く製材できるため注目されており、耕作放棄地などに植えられる地方もあるようです。

センダンの幹
センダンの幹

樹皮は、縦に裂け凹凸が見られます。

材は、ケヤキや桐の杢目(モクメ)ににており、建築用材や建具などに適しているとのことです。

センダンの樹は、平安時代以降から江戸時代ころまで、斬首された首を吊るす樹として使われたとのことです。

なぜ使われたかの理由として、防虫効果があるためではないかとする説があるようです。 

遠い昔のことですね。        ヽ(‘ー`)ノ

                     

センダンの花言葉は、「意見の相違」。

おわりに

センダンの樹にたくさんの実がなっています。黄色みをおびた実は、落葉後も残り、よく目立つようになります。

樹の成長が早く、建築材や家具材としても有用なため、注目されているようです。

葉や樹皮に苦みがあるため、獣害も受けにくいことも、この樹の利点だと思います。

参照サイト

 Wikipedia センダン

 樹木事典

関連投稿

 センダングサ(栴檀草)の種

 

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom