紫の花

フサフジウツギの花

樹木 落葉低木

フサフジウツギ(房藤空木)の紫の花

フサフジウツギ(房藤空木)は、中国原産と言われ、ゴマノハグサ科 フジウツギ属の落葉低木です。花期は7~10月で、枝の先にフジ(藤)の花のような花をつけ、樹がウツギ(空木)ににています。園芸品種として、 ...

キキョウの花

ガーデニング 草花

秋の七種(ナナクサ)、キキョウ(桔梗)の花

キキョウ(桔梗)は、東アジアや日本全土に分布するキキョウ科の多年草です。山上憶良が詠んだ七種(ナナクサ)の歌では、「朝貌(アサガオ)の花」と読まれ、古くから親しまれてきた花です。花期は6~10月と、暑 ...

アガパンサスの花

ガーデニング 草花

薄紫のアガパンサス(紫君子蘭)の花

2021/7/16    ,

アガパンサス(和名:紫君子蘭)は、南アフリカ原産のユリ科の球根性の多年草です。ギリシャ語の「agape」(愛)と、「anthos」(花)を語源にした名前です。英名は「アフリカンリリー」。花期は5月下旬 ...

シランの花

ガーデニング 草花

シラン(紫蘭)のきれいな花が咲いています

2021/6/7    ,

紫が鮮やかなシラン(紫蘭)が咲いています。野生種は準絶滅危惧種ですが、栽培品種は日陰でもよく育ち、乾燥や加湿に強い、ラン科の宿根性植物です。花期は4~5月、はば広で長くのびる葉もきれいな花です。花言葉 ...

草木 野草

ムラサキツユクサ(紫露草)の花が咲いています

よく知られているツユクサは、日本の在来種で花びらが2枚で、青いいろですが、ムラサキツユクサは北アメリカからの帰化植物で、花びらが3枚で紫いろで、草丈が、5~115cmの多年草です。花言葉は、「尊敬して ...

ヤナギハナガサの花

草木 野草

ヤナギハナガサ(柳花笠、別名:三尺バーベナ)の紫の花

2021/7/27    ,

ヤナギハナガサ(柳花笠)は、人の背丈ほどに高くなり、枝先に花笠のような形の紫いろの花序をつけます。茎は角ばって毛があり、3方向に枝分かれした先に花が咲きます。葉は細長くて鋸歯があり、茎に対性でつきます ...

キュウリグサの花

野草

キュウリグサ(胡瓜草)に、薄紫の小さな花が咲いています

2021/7/6    

キュウリグサ(胡瓜草)に、薄紫の小さな花が咲いています。いろや形はワスレナグサににていますが、2mmほどの小さな花がさく雑草です。葉を揉むとキュウリのような匂いがすると、キュウリグサと名づけられました ...

ナヨクサフジ

野草

ナヨクサフジ(弱草藤)は緑肥に使われた外来種で、きれいな花です

2021/7/6    ,

ナヨクサフジ(弱草藤)は、ヨーロッパ原産の、藤の花ににたマメ科のつる性植物です。白と紫の組み合わせがきれいで、蝶形花を穂状に咲かせます。葉は、鳥の羽根のような奇数羽状複葉、茎は巻きひげを出して他につか ...

セイヨウジュウニヒトエ

草花

セイヨウジュウニヒトエ(別名:アジュガ)と仲間の花

2021/4/29    ,

近くの野原で、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣)の花が咲いていました。見覚えのある花だと思って調べてみると、キランソウ(金瘡小草)ににていることがわかりました。また、ジュウニヒトエ(十二単)と呼ば ...

オオアラセイトウ

草木 草花

オオアラセイトウ、ツルニチニチソウ、ハナニラ

2021/4/12    ,

オオアラセイトウ(大紫羅欄花) ツルニチニチソウ(蔓日々草) ハナニラ(花韮) 3月から4月に、空き地や野原で見かけたムラサキ色の花3種をまとめてみました。オオアラセイトウ(大紫羅欄花)はアブラナ科の ...

ムラサキケマン

野草

ムラサキケマン(紫華鬘)の花、実

2021/4/25    ,

  3月から咲いているムラサキケマン(紫華鬘)に実が付き始めました。畑の隅などの湿っぽく、半日陰のようなところでよくみられ、背丈が20~30cm、伸びた茎の先に赤紫色で筒状の花を、総状につけ ...

ムスカリ

草花

花がブドウのようなムスカリが咲きました

我が家の鉢植えのムスカリは、まだ頭を出して間がないのですが、日当たりがいい道端のムスカリは、青紫色でブドウににた花をさかせています。子供のころには無かったムスカリ、初めて見たのは10年まえくらい。地中 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ