有毒植物

ジキタリスの花

草木 野草

林道沿いに咲くジキタリス(別名:キツネノテブクロ)の花

2021/6/29    ,

ジキタリス(別名:キツネノテブクロ)は、ヨーロッパなどが原産のオオバコ科の二年草や多年草です。花期は5~7月で、まっすぐ伸びた茎に、釣鐘状の花を穂状連なって咲かせる栽培品種です。この花が、山のなかの林 ...

シャクナゲの花

常緑低木

シャクナゲ(石楠花)の花がきれいです

2021/4/25    ,

  4月初めころからでしょうか、シャクナゲ(石楠花)の花が咲いています。枝の先にツツジににたピンクやシロの大きな花を総状にたくさんさかせており、豪華できれいです。野生のものはみかけませんが、 ...

クサノオウの実

野草

クサノオウ( 瘡王 )の黄色い花が咲いています

クサノオウ(瘡王)は、春に黄色くきれいな花を咲かせる多年生植物です。北海道から九州の日当たりのいい場所で、普通に見られる花ですが、有毒植物なので注意が必要です。有毒なのですが、昔は皮膚病などに効くとさ ...

ミニラッパスイセン

草花

ラッパスイセンや八重のスイセンが咲いています

2021/4/10    , ,

12月から咲き始めたニホンスイセンが、3月になり元気がなくなってきたようです。かわって、いろんな形のラッパスイセンが咲き始めました。ミニラッパスイセン、花びらのいろや形が違う大きなラッパスイセン、八重 ...

クリスマスローズ

草花

茎がない花、クリスマスローズ

2021/7/6    ,

クリスマスローズには、茎がなく根茎から花柄や葉柄が出てくる無茎種が多いようです。その他に、茎が出てそこから葉や花がつく有茎種や、その中間種もあるようです。葉や根茎に毒を持つことも特徴ですが、ここでは、 ...

ユズリハ

常緑高木

ユズリハは、正月飾りなどに使う縁起がいい樹

2021/4/20    ,

ユズリハ(楪、譲葉)は、新芽が出た後、譲るように古い葉が落ちる様子から、世代交代して家が代々続くことを象徴する縁起のいい植物と考えられ、正月の鏡餅や門松によく使われています。ここでは、山で元気よく育っ ...

ボタンズル

つる性植物

冬になり、ボタンズル(牡丹蔓)の白い綿毛が雪のようです

ボタンズル(牡丹蔓)は、キンポウゲ科センニンソウ属の落葉つる性の有毒植物で、葉はボタンの葉ににています。花期の8~9月に白い花を咲かせ、種は、冬に白い綿毛に包まれます。蔓についた、たくさんの綿毛が集ま ...

スイセン

草花

スイセン(水仙)が咲き始めました

2021/3/19    ,

日当たりがいいところに、スイセン(水仙)が咲いていました。まだ、咲き始めたばかりで、これから賑やかに咲くのが楽しみです。 スイセン スイセンの花 近くの畑のお茶の樹のそばで、1株だけですが、咲いていま ...

マムシグサ

野草

マムシグサ(蝮草)の偽茎の縞模様と、トウモロコシのような赤い実

2021/6/27    

マムシグサ(蝮草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、雌雄異株の有毒植物です。花は、ミズバショウなどと同じで、仏炎苞に囲まれた中で、肉穂花序にたくさんの花をつけますが、花は苞に隠れて見えません。 ...

ミヤマシキミ

常緑低木

ミヤマシキミ(深山樒、億両)に赤い実がつきました

2021/7/3    ,

ミヤマシキミ(深山樒、億両)に赤い実がつきました。ミヤマシキミは、シキミににたミカン科の常緑低木で、雌雄異株で有毒です。数年前、山で見たときは何かわからず、調べたところ、ミヤマシキミとわかりましたが、 ...

イヌホウズキ

野草

イヌホウズキ(犬酸漿)の実が黒くなりました

2021/7/30    , ,

イヌホウズキ(犬酸漿)は、世界の温帯から熱帯に分布し、日本全土で自生するナス科の一年草です。史前帰化植物と考えられており、空き地や道端でよく見かけます。ホオズキとは違って秋に黒い実をつけますが、有毒物 ...

アオツズラフジ

蔓性植物

アオツズラフジ(青葛藤)の長いツルに、黒い実がついています

2021/6/23    ,

アオツズラフジ(青葛藤)は、雌雄異株のツル性落葉植物で、秋に黒くて小さな実をつけます。ブドウのようにかたまってたくさんの実をつけますが、粒は小さく、有毒です。見た目は美味しそうですが、食べてはいけない ...

© 2021 山に出かけてecoライフ