カテゴリー
シダ植物

山で見るウラジロ(裏白)

正月の飾りに使われるウラジロ(裏白)について調べました。林地の明るい場所に、群落を作って生えています。

山で見るウラジロ

群生するウラジロ
群生するウラジロ

近くの山に生えているウラジロです。

間伐した木がそのまま残っていますが、

比較的明るい斜面に集まって生えています。

ウラジロは、地下茎が周辺に伸び、

そこから葉柄が立ち上がり、

そこに、2回羽状複葉が、2方向に分かれてつきます。

表はきれいな光沢があり、小さな葉がたくさんついています。

ウラジロの表
ウラジロの裏

裏は、白っぽい色をしています。

ウラジロの名は、このように裏側が白いことに由来しているんですね。

ウラジロの表
ウラジロの裏

ウラジロの飾り方の例

鏡餅に敷いたウラジロ
鏡餅に敷いたウラジロ

鏡餅にジロウラジロを飾る場合、

裏側を表に置き、その上に鏡餅をおきます。

光沢のある表でなく、白い裏側を表にするんですね。

ウラジロは、鏡餅だけでなく、

門松や神社のしめ縄などにも使われます。

ウラジロのいわれ

ウラジロが、正月の飾りに使われるのは、

二枚の白い葉を、人の白いひげに見立てて、ともに白髪が生えるまでとして長生きを願ったり、

二枚の複葉が向き合っていることから、夫婦が仲良く暮らせるように、

とのことから飾ると言われているようですが、確かではないようです。

異なった説として、

稲の形に似ているとして、ウラジロを豊作の象徴としたのではないか

と考えている方もいます。(湯浅浩史著 「植物と行事」)

いろいろ説がありますが、定説はないようです。

ウラジロの分布・花言葉

ウラジロは、アジアに広く分布しますが、

日本では本州中部以南に分布する、シダ植物門ウラジロ科のシダ植物(歯朶)です。

ウラジロの花言葉は、「無限に」、「永遠の契り」。

「無限に」は、ウラジロが、一対の複葉の上に、1年毎に2枚の複葉をつけていくことから名つけられたといわれます。

近縁種

コシダ(小羊歯)

コシダの葉
コシダの葉

ウラジロによく似た植物に、コシダ(小羊歯)があります。

コシダは、ウラジロ科コシダ属のシダ植物です。

ウラジロより小さいためコシダと名づけられたと言われます。

ご覧のように、形はよくにていますが、

ウラジロより葉が小さく、

葉が繰り返して二方向に分岐する

点が異なります。

コシダの群落
コシダの群落

写真のように、大きな群落を構成しているのを見かけます。

ウラジロと同じように、

瘦せ地で、明るい環境を好むようです。

コシダの表面
コシダの表面
コシダの裏面
コシダの裏面

なお、葉の表裏ですが、

表面は光沢がありきれいですが、

裏面はウラジロのように白くなっており、

この点でもウラジロとにています。

おわりに

ウラジロは、縁起物として正月の飾りによく使われ、見慣れていますが、そのいわれは諸説あるようです。

それぞれの解釈で、幸せを願って、正月の飾りに使われているんでしょうね。

(*´▽`*) 

参照サイト

 Wikipedia  ウラジロ シダ植物 鏡餅 コシダ

 花言葉事典

関連サイト

 山で育つユズリハ(楪、譲葉)

    

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom