シロガネヨシ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草本 野草

シロガネヨシ(白銀葦)の大きな穂

2021年9月24日

PR

シロガネヨシ(白銀葦)は、南米大陸原産のイネ科シロガネヨシ属の多年草です。日本へは、観賞用として、明治時代に移入されたと言われます。名前は、ヨシ(葦)のようなすがたで、白銀の花穂がつくことに由来します。大きな白い穂は、遠くからもよく目立ちます。

シロガネヨシ(白銀葦)の大きな穂

シロガネヨシ穂

空き地で咲くシロガネアシ

空き地で咲くシロガネヨシ

通りかかった道路沿いの空き地に、シロガネヨシの大きな穂がついていました。

別名はパンパスグラス、南米大陸が原産で、明治時代に観賞用として移入されたと言われます。

それほど多くは見かけませんが、野生化もしているようにも見えます。

シロガネヨシの群生

シロガネヨシの群生

大きな穂は40~80cmあると言われ、遠くからでもよく目立ち、存在感があります。

雌雄異株ですが、雌株の方がよく目立ち、切り花などにもされるようですね。(^⊆^)

同じイネ科、エノコログサの大型版のようにも見えますが、形が違っていて、ちょっと大きすぎるようですね。

ススキにもにていますが、穂がより大きくて密になっている点が違うようです。

近くでみたシロガネヨシ

近くでみたシロガネヨシ

近づいて見ると写真のように、穂がたくさんの繊維状に密についているようです。

シロガネヨシの葉

シロガネヨシの葉

シロガネヨシの葉

シロガネヨシは叢生して株が増え、草丈は2~3mになると言われますが、

葉も写真のように長細くのび、長さ1~3m 幅2~3cmの線形で、たくさん出ています。

葉の縁には、ノコギリ状のギザギザがついているので、近づく場合は、気を付ける必要があります。

長袖シャツを着て、手袋をつけるなど、注意した方がよさそうです。

シロガネヨシ(白銀葦)の基本情報・花言葉

シロガネヨシ(白銀葦)は、南米大陸原産のイネ科シロガネヨシ属の多年草です。

日本へは、観賞用に明治時代に移入されたと言われます。名前は、ヨシ(葦)のようなすがたで、白銀の花穂がつくことに由来します。

別名は、英名でもあるパンパスグラス。原産地のアルゼンチン、チリ、ブラジルの「パンパ」や「パンパス」と呼ばれる草原に生える草(グラス)なのでパンパスグラスとされました。

学名は、Cortaderia selloana。英名は、pampas grass。

花期は8~10月で、立ち上がった茎の先に、円錐花序で、50~70cmの羽毛のような花穂をつけます。雌雄異株で、雄株の花穂は細長いのに対し、雌株は幅広い綿毛をつけます。観賞用には、花序が大きな雌花序が用いられます。

葉、長さ1~3m 幅2~3cmの線形で、数多く出ます。

茎は密に叢生して大株になり、高さ2~3mと高くなります。

シロガネヨシの花言葉は「光輝」、「人気」、「雄大な愛」、「強気な心」、「風格」、「歳月」、「勝気」で、

2/13、8/9、9/6、10/1、11/25の誕生花です

参照サイト

Wikipedia シロガネヨシ

みんなの趣味の園芸 パンパスグラス

EVERGREEN  シロガネヨシ

Chills Laboratory  パンパスグラス

関連投稿

エノコログサ
エノコログサ(狗尾草、猫じゃらし)の花

エノコログサ(狗尾草)、別名猫じゃらしは、全世界に分布し日本全土で見られる、イネ科エノコロ属の一年草です。ネコの前で振るとじゃれてくるので「猫じゃらし」。「狗(イヌ)の尾っぽににた草」として「エノコロ ...

続きを見る

ススキ
秋の七種(ナナクサ)、オバナ(尾花)

オバナ(尾花)とはススキ(芒、薄)のこと。ススキの穂が動物の尾を連想することに由来すると言われます。以下、ススキと呼びます。        <目次> 山のススキ(芒、薄)魔除けとしてのススキおわりに参 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-草本, 野草
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ