お盆の提灯

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

習わし

コロナと雨のお盆が終わりました

今年のお盆は、去年に続くとコロナと、例年にない雨続きの中でのお参りになりました。お寺のお参りは簡略化され、盆踊りが中止になるなど、コロナの影響を今年も受けました。それに被害はでていないものの、大雨に降られながらのお参りで、異例な年になりました。

コロナと雨のお盆が終わりました

精霊馬と精霊牛

精霊馬と精霊牛

キュウリの馬に乗って元気に帰ってきたご先祖さんは、昨日、ナスの牛に乗ってトボトボと帰っていったのだろうと思います。

子供の頃は見たことが無かった精霊馬と精霊牛ですが、最近は、よくみるようになりました。

今年も、ご先祖さんを13日にお墓参りをして迎え火で迎え、

14日に和尚様にお経をあげていただき、

15日にふたたびお墓参りをして送り火を焚いて、お別れしました。

例年14日に行われている盆踊りは、コロナの影響で去年に続き、今年も中止になりました。また大雨もふり続き、いつもとは違ったお盆になりました。

そして今朝は、6時ころに起きて、お盆前のお寺参りいただいた水塔婆をもって河原に行き、燃やしてきました。

昔は、お供えした野菜などを川に流していましたが、今は、環境を考慮して、線香とロウソクを焚いて水塔婆を燃やすだけになりました。

お盆は、先祖やすべてのみ霊を供養するためにお参りするいわれますが、当地では大きな行事になっていて、今も丁寧に行われているので、すべて終わって、やれやれです。田舎ならではないかと思います。

我が家のお盆の様子は、昨年書きましたが、今年も同じようにお祀りし、お参りしました。

今年は、雨の中でのお参りになり、コロナの影響でお寺のお参りも簡略化されました。去年は、今年もこんなに影響が続くとは思っていなかったのですが、早く収まってもらいたいものですね。

簡単にその様子を紹介させていただきます。

お墓に供えたホウズキ

お墓に供えたホウズキ

13日にお墓参りをしてシキミとホオズキを供え、迎え火を焚きました。

迎え火

迎え火

雨が降っていたので、傘をさして焚きました。ちょと火がつきにくかったのですが、火がつくと勢いよく燃えました。

いつもは、墓石に水をかけますが、今回は雨が降っていたので省略させてもらいまいました。(^ ^;)

火を焚くと後が気になりますが、雨が降っていると安心できる点は、いいですね。

迎え火は、お墓で焚きますが、家に戻ってからも、庭で焚きます。

そして、冒頭の写真のように、廊下に吊った提灯に蝋燭をつけました。

お盆のお供え

お盆のお供え

仏壇に野菜やお花を供え、翌日にご先祖さん用の食事も供えて、和尚様にお勤めしていただきました。

去年のお供えの様子は、こんな感じでした。

迎え火
お盆の墓参りと迎え火、送り火などの行事

8月13日には、毎年お盆の墓参りを行い、迎え火を焚いてご先祖を迎えます。そして、14日に和尚さまが、家でお経をあげてくださいます。そして、お盆が終わる15日に送り火を焚いて、墓参りをし、16日に川で水 ...

続きを見る

お和尚さんも、家々を順番に回ってこられるので、時間がはっきりしていないのですが、

今年は早めに来てくださいました。雨が降っていたので、大変だっただろうと思います。

和尚様にお経をあげていただいた後は、昨年から今年にかけて亡くなられた方がおられるお宅に、お参りさせていただきました。今年は、4軒でした。

15日は、夕方に家で送り火を焚いたあと、お墓にお参りし、もう一度、送り火を焚きました。

雨がやんだと思って出かけたのですが、また降ってきて少し濡れましたが、無事すませることができました。

ただ、供えてあったホオズキは、鹿でしょうかに食べられていました。去年は食べられることはなかったのですが・・・

同じようにいけてあったシキミは、有毒なため食べれれることがなく、無事でした。有毒植物をつかうとこういう場合は、いいですね。

短い間でしたが、一年ぶりに来てくれたご先祖さんが帰っていったことになります。また、来年来てください。

そして、最初に書いたように。今朝は、去年と同じように早朝に河原に行ってきました。次は去年の様子です。

精霊送り
川で塔婆を燃やし、お盆が終わりました

15日に送り火を焚いて墓参りをし、先祖を見送りました。翌日の朝早くから、水塔婆をもって川に行き、水塔婆もやしてお盆が終わります。昔はお供えや塔婆を川に流していましたが、今は行っていません。これで、一連 ...

続きを見る

去年は、川の水は透き通ってきれいだったのですが、今年は雨続きで、濁っていました。コロナのおかげで、お寺の行事が簡略化されたり、お盆につきものの盆踊りも中止になりました。

はやく、正常な日常に戻ってもらいたいものですね。

迎え火・送り火に使う材料について

迎え火や送り火で燃やす材料について、知っておられますか。

通常は、「おがら」と呼ばれる麻の茎が使われるとのことです。先日、スーパーで見かけたので、買ってみました。

おがら

おがら

長さが15cmで、中が空になった麻の茎です。乾燥剤も入れられ、湿らないようにしているので、よく燃えそうです。

我が家では、スギかヒノキの間伐材を使って手作りしています。こちらでは、昔からこのようにしているようです。

タヤ

タヤ

ちょと見苦しい写真ですが、こちらが迎え火・送り火に使うタヤと呼ぶ、「おがら」に相当するものです。

本当は、もう少し細かく割るほうが使いやすいのですが、技術が未熟なので、こんな感じです。

作るのは、面倒ですが、毎年作っていますが、これでもよく燃えてくれます。(#^.^#)

参照サイト

Wikipedia お盆 迎え火

Hagkum お盆に飾る精霊馬の意味は?

関連投稿

迎え火
お盆の墓参りと迎え火、送り火などの行事

8月13日には、毎年お盆の墓参りを行い、迎え火を焚いてご先祖を迎えます。そして、14日に和尚さまが、家でお経をあげてくださいます。そして、お盆が終わる15日に送り火を焚いて、墓参りをし、16日に川で水 ...

続きを見る

精霊送り
川で塔婆を燃やし、お盆が終わりました

15日に送り火を焚いて墓参りをし、先祖を見送りました。翌日の朝早くから、水塔婆をもって川に行き、水塔婆もやしてお盆が終わります。昔はお供えや塔婆を川に流していましたが、今は行っていません。これで、一連 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-習わし
-

© 2022 山に出かけてecoライフ