オノマンネングサの花

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

多肉植物 草本

オノマンネングサ(雄之万年草)の黄色い花

2021年6月20日

オノマンネングサ(雄之万年草)に黄色い花が咲いています。よく繁殖するので、引き抜きますがすぐに再生する強い雑草です。強健で、花がきれいなためか、グランドカバーにも使われるようです。よくにたメキシコマンネングサとの違いなどについて書きました。

オノマンネングサ(雄之万年草)

オノマンネングサの花

オノマンネングサの花

オノマンネングサの花

家の近くの石垣に毎年生えてくるオノマンネングサに、黄色い花が咲いています。

毎年よく生えてくるので、引き抜くのですが、抜いても抜いても生えてくる困った雑草です。茎や根が柔らかく、簡単に抜けますが、根が残るためでしょう、すぐに生えてきます。

花期は5~6月で、他のマンネングサとよく似た花で、大きさは1.5cmくらい、花びらが5枚の黄色い花です。

オノマンネングサの茎と葉

オノマンネングサの茎と葉

オノマンネングサの茎と葉

オノマンネングサは、写真のように石垣の隙間に根を張って匍匐して増えます。繁殖力が旺盛で、石垣のあちこちに生えてきます。上向いた茎が何本も立ち上がって生えるのをよく見ます。

草丈は10~20cmで、茎が赤みをおび、3枚の細長い葉が輪生しています。

オノマンネングサの葉

オノマンネングサの葉

葉は細長く肉質で、先が尖っていますが、柔らかいので痛くはありません。葉の付き方をよく見ると、輪生する葉の位置は、上と下でずれているようです。日を取り入れるための工夫なのでしょうか。

関連するマンネングサ

ここでは、オノマンネングサの名前の由来になったメノマンネングサ(雌の万年草)と、オノマンネングサににたメキシコマンネングサについて書きます。

メノマンネングサ(雌の万年草)

メノマンネングサ(雌の万年草)

メノマンネングサ(雌之万年草)

茎は匍匐して横に広がり、葉が螺旋状に互生するマンネングサで、花はオノマンネングサと同じように黄色い花を咲かせます。

草丈は10cmほどで、葉の長さは5~12mmであり、オノマンネングサ(雄之万年草)より全体にちいさいため、メノマンネングサ(雌之万年草と名づけられたとのことです。

オノマンネングサとメキシコマンネングサの違い

メキシコマンネングサ

メキシコマンネングサ

メキシコマンネングサは、草丈が10~17cm、葉は長さ1.3~2cmで線状楕円形、花径の葉は互生するが花がつかない茎には4~5枚輪生します。

花期は3~5月で、0.7~1cmの大きさで、5枚の黄色い花びらの花を咲かせます。

オノマンネングサは、葉が3枚輪生し、花期が5~6月と遅い点が違うようです。

オノマンネングサの基本情報

オノマンネングサは、ベンケイソウ科マンネングサ属の多肉植物です。日光を好むといわれ、石垣に割れ目などに固まってたくさん生えているのを見かけます。

葉が小さく太いメノマンネングサ(雌の万年草)に対して、オノマンネングサ(雄の万年草)と名づけられたとのことです。

花期は5~6月で、直径が1.5cmほど。花びらが5枚、雄しべが10本の、黄色い花を咲かせます。

草丈は10~20cm、根元は匍匐し、上部は立ち上がり、茎は赤みを帯びます。葉は、幅が2mm程度、長さは10~20mmほどの線形で先が尖り、3枚の葉が輪生します。

セダム(ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)の植物)の花言葉は、「記憶」、「静寂」、「落ち着き」、「枯れることのない愛」。

参照サイト

Wikipedia マンネングサ属

三河の植物観察 オノマンネングサ

三浦半島お勧め情報ブログ オノマンネングサ

植物写真艦 メノマンネングサ

松江の花図鑑 メキシコマンネングサ

GreenSnap オノマンネングサ

関連投稿

コモチマンネングサ
コモチマンネングサ(子持ち万年草)の黄色い花

コモチマンネングサ(子持ち万年草)は、日本全土に分布するベンケイソウ科の越年草です。近くの石垣などに生えて、5~6月に黄色く星のような形をした花を咲かせます。種をつけず、葉の付け根にできるムカゴによっ ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-多肉植物, 草本
-, ,

© 2022 山に出かけてecoライフ