クンシラン

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草花

オレンジのクンシラン(君子蘭)の花が咲きました

2021年4月28日

PR

クンシラン(君子蘭)が咲きました。いままでは、葉を見るだけだったのですが、今年はオレンジのきれいな花が咲きました。一昨年に、一つの鉢に3株生えていたクンシランを株分けし、土を入れ替え、肥料をあげたのが良かったようで、今年は咲いてくれました。

クンシラン

クンシランの花

クンシランの花

咲いたクンシラン

亡くなった母が鉢植えにしていたクンシランの花が、

初めて咲きました。

花の径は6cm、散形花序でオレンジ色の花を5個咲かせていています。

ツボミもついているので、しばらく楽しめそうです。

一昨年までは、葉が大きくなり、いくつもの株ができてはいましたが、

一度も咲いたことがなかったので、株分けしたのですが、うまくいったようです。

株分けで、大きな株が3個と小さな株2個できたのですが、

大きな3個は、全部咲きました。 \(^G^)/

以前書きましたが、カニサボテンも今年初めて咲いたので、

クンシランは、2~3年ごとに株分けをするほうがいいようですから、

いままでは、手入れ不足だったんでしょうね。

花茎が伸び始めたクンシラン(3月)

花茎が伸び始めたクンシラン(3月)

クンシランは寒さに弱いので、

冬は玄関に置いていたのですが、

3月に葉の間から白いものが出てきたので、

今年は咲きそうだなと思っていましたが、

その後、花茎(カケイ)が長く伸び、4月中ころから、花が咲き始めました。

鉢に植えたクンシラン

鉢に植えたクンシラン

丈は50cmくらいで、たくさんの葉を出しています。

クンシランの葉

クンシランの葉

クンシランの葉

クンシランの葉は、写真のように左右に規則的に分かれた細長い葉を出します。

常緑性なので、1年中、緑の葉をつけているので、

葉も鑑賞の対象にされてきたようです。

茶色くなった葉

茶色くなった葉

今回残念だったのは、葉の先が茶色くなっていることです。

肥料が多すぎたのでしょうか、あるいは昨年の春から秋にかけて、

日に当てすぎて、日焼けしたのかもしれません

クンシランは、寒さに弱く、直射日光にも弱いとのことなので、

気を付けないといけないようです。

(育て方については、「みんなの趣味に園芸」などに詳しく書かれています。)

株分けした子株

株分けした子株

株分けした中には、まだ小さなものもあります。

クンシランは、株分けで増やすことができますが、種で増やすことが多いようです。

今年は、種ができれば、蒔いてみたいと思います。

 

クンシランの基本情報・花言葉

クンシラン(君子蘭)は、南アフリカ・タナール地方原産で、

ヒガンバナ科クンシラン属の常緑性の多年草です。

ランと名前がついていますが、ランの仲間ではないとのことです。

もともとは、クンシランという和名は、

明治時代に伝来したクリビア(人名)・ノビリス(高貴の意味を持つ)

という品種につけられたそうですが、後に普及したクリビア・ミニアタ

に転用されるようになったとのことです。

草丈は30~50cmで、花期は、3~5月。

花の色は、オレンジ・黄・緑などがあるとのことです。

日本でよく栽培されているのは、

オレンジの花が咲くクリビア・ミニアタと呼ばれる品種で、

タネをまいてふやされているとのことです。

 

クンシランの花言葉は、「高貴」、「誠実」、「情け深い」。

いい花言葉、こうありたいものです。

 

おわりに

長年、鉢植えで栽培しているのですが、

いままで咲いているのを見たことが無かっただけに、

今年咲いてくれたので、うれしくなりました。

花を咲かせようとすると、それなりに手入れをする必要があることを、

あらためて思いました。

今年は、種を採って、蒔いてみたいと思っています。(^_^)


 

参照サイト

Wikipedia クンシラン属

みんなの趣味の園芸 クンシラン

花言葉-由来 クンシラン

 

関連投稿

カニサボテン
カニサボテンが咲きました

カニサボテン、別名:カニバ(蟹葉)サボテンに花が咲きました。何年も咲かなかった我が家のカニサボテンですが、暮れころからツボミをつけてはいたのですが、なかなか咲き出しませんでした。いつ咲くのかと待ってい ...

続きを見る

 

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ