PR

サニーレタス

家庭菜園

2月のサニーレタス、ノラボウ菜、コマツナ(小松菜)

PR

まだまだ寒い2月ですが、家庭菜園の野菜は元気に育ってきています。1月は例年になく寒く、シンナリとして心配しましたが、暖かくなると元気を取り戻して、成長し始めているようです。

サニーレタス

寒さに耐えるサニーレタス
寒さに耐えるサニーレタス

なかなか大きくならず、そのまま育てているサニーレタスです。

1月から2月にかけて寒い日が続いたので、

写真のように霜がおりて元気をなくした時期もあり、心配しましたが、

暖かくなると元気を取り戻してきました。  \(^_^)/

冒頭の写真が今の様子ですが、

も少し頑張ってもらおうと、昨日、周囲の雑草をとり追肥をしました。

草をとらないと、せっかくの肥料をやっても持っていかれますからね。

ただ、未熟な農夫は、雑草を取るときはサニーレタスを引き抜いてしまうこともあるので、

気を付けないといけません。

これからはもう少し暖かくなってくれば、もう一回り大きくなってくれるだろうと期待しています。

  

サニーレタスは、非結球型の葉レタスで、キク科アキノノゲシ属の緑黄色野菜です。

サニーレタスの花言葉は「陽気な心」、「明るい未来」。

この野菜の雰囲気をよく表しているように思います。

ノラボウ菜

育ってきたノラボウ菜
育ってきたノラボウ菜

ノラボウ菜も大きくはなってきましたが、まだ収穫するまでにはなっていません。

種まきが遅かったのかもしれませんね。ことしは早めにしたいと思います。いつも反省です。(>O<)

ノラボウ菜は寒さに強いことがわかっていたので、

葉に霜が降りて白くなっても、心配はなかったですが、

無事に育ってくるとやはりうれしいものです。

まだまだ小さい苗もあるので、こちらもまじめに草取りと追肥をしようと思います。

暖かくなってきたので、どんどん大きくなるだろうと期待しています。

3月中ころには何とか収穫したいものですが、どうでしょうか。

ノラボウ菜は西洋アブラナの系統で、自家受粉するため、

他のアブラナ科の野菜と交雑することがないようです。

  

コマツナ(小松菜)

大きくなってきたコマツナ
大きくなってきたコマツナ

コマツナも大きくなってきました。

密になっているので、間引きをしないといけませんね。

大きくなったものから採って、お浸しやみそ汁に入れて食べていきたいと思います。

込み合ったコマツナ
込み合ったコマツナ

手入れ不足の家庭菜園ですが、新鮮な野菜が採れるだけがメリットでしょうか。

冬は虫があまりつかないので、葉物も作りますが、

夏は虫の被害が少ない、豆類やトマト、キュウリなどを中心につくるようにしています。

手抜き家庭菜園なので、こんなところでいいかなと思う次第。

  

コマツナは、アブラナ科アブラナ属の冬野菜です。

江戸時代初期に、東京都江戸川区小松川近くで

栽培をはじめられたと言われており、

鷹狩に来た吉宗が命名したと伝えられているようです。

コマツナの花言葉は、「小さな幸せ」、「快活な愛」。

   

おわりに

2月半ば過ぎの畑の様子を書きました。

他には、ソラマメ、エンドウマメ、パクチ、ニラ、アシタバなどが成長中で、ブロッコリ、キャベツは終わりました。

そろそろ、トマト、キュウリ、ナスなどの夏野菜の準備のする時期かと思います。

いつも遅くなるので、早めにしないと思っているところです。(>N<)

参照サイト

 Wikipedia セイヨウアブラナ

 野菜の図鑑 アブラナ科の野菜

 花言葉map 野菜の花言葉一覧

 GreenSnap サニーレタス コマツナ

 JAあきがわ ノラボウ菜 

関連投稿

 サニーレタスも収穫しています

 寒い中で元気に育つノラボウ菜

 1月のキャベツ、コマツナ

PR

PR



ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!

   ブログランキング・にほんブログ村へ/     


PVアクセスランキング にほんブログ村

山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

PR


-家庭菜園
-

© 2021 山に出かけてecoライフ