アシタバ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

家庭菜園

アシタバ(明日葉)の種をとりました

2021年1月15日

PR

アシタバ(明日葉)は日本固有種で、セリ科の多年草です。総半島から紀伊半島南部や、伊豆諸島の太平洋岸に自生します。8月ころから花が咲いた株に、種がつきましたが、12月になり種が充実してきたため採取しました。来年はこの種で苗を増やす予定です。

アシタバ(明日葉)の種をとりました

冬を越すアシタバの苗

冬のアシタバの苗

冬のアシタバの苗

アシタバは、2~3年で花が咲き、種をつけて枯れますが、

この苗は、花が咲かなかったアシタバで、

今年も生き続けて、葉を提供してくれます。

でも、いまは大きな葉は、倒れたり、

黄色く枯れたようになって、元気がありません。

小さな葉も大きくなれず、

小さいままで、冬に耐えています。

元気なころのアシタバ(9月中旬)

元気なころのアシタバ(9月中旬)

去年の9月には、元気に葉を出していました。

春になり、暖かくなってくると、また、元気な葉が出て、

3~4月ころには、食べられるでしょう。

種をつけた苗

アシタバの苗についた種

アシタバの苗についた種

12月に種が充実してきた苗です。

高さは1mくらいで、大きく伸びた葉は、枯れたようになり、倒れそうになっています。

種をつけたアシタバの苗

種をつけたアシタバの苗

根元の太さは、3cmくらいでしょうか、

しっかりとした茎が伸びています。

種をつけたアシタバの根元

種をつけたアシタバの根元

せっかく大きく育ったのに、枯れてしまうなんて、勿体ないですよね。

根も大きくなっていて、枯れる前に掘り起こして、薬用にすることもあるようです。

アシタバの種

アシタバの種

アシタバの種

12月末ころに採ったアシタバの種です。

畑で作っている苗3本ほどから採った種で、結構採れました。

近くで見たアシタバの種

近くで見たアシタバの種

この種は、押してみると硬くなっているので、実は入っているだろうと思います。

種は、乾燥させた後冷蔵庫に保管するか、湿ったバーミキュライトと混合してビニール袋に入れて保管します

冷蔵庫に保管した種は暖かくなった3月ころに、一日程度水に浸けた後に蒔きます。

ビニール袋で保管したものは、3月頃に発芽するのでプランタに植えて育てます

アシタバ(明日葉)の基本情報・花言葉

アシタバ(明日葉)は、日本固有種で、セリ科シシウド属の多年草です。

房総半島から紀伊半島南部や、伊豆諸島の太平洋岸に自生するといわれます。系統として、伊豆諸島系の「赤茎」と八丈島系の「青茎」があります。

明日葉の名前の由来は、「今日葉を摘んでも明日には芽が出る」ほど繁殖力が強いことによるとのことです。

別名に、八丈草(ハチジョウソウ)、明日草(アシタグサ)などがあります。八丈島が産地として有名なことから八丈草(ハチジョウソウ)、明日葉の「葉」を「草」に変えて呼ぶのが、明日草(アシタクサ)、になります。

葉は、二回三出羽状複葉で大きな葉になりますが、小葉は広卵形で大きな鋸歯があります。葉柄は茎を包むようにつきます。

葉の収穫は、3~5月が適期と言われます。植えて2年経過して充実した苗からのびた葉を2枚ほど残し、新しく出てきた葉を収穫します。葉や茎を採ると断面から「カルコン」と呼ばれる、黄色い液が出てきます。

アシタバは、βカロテンを豊富に含む植物で天ぷらなどの油を使った調理により、ビタミンAをとることができるとのことです。

また、便秘防止や利尿・高血圧予防・強壮作用があるとされ、緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富に含まれます。

特に、塩分を体外に排出する作用があるカリウムと、がん予防に役立つと考えられているβ-カロテンが多く含まれているのが特徴といわれます。(以上、Wikipediaより)

アシタバの花言葉は、「旺盛な活動力」、「未来への希望」。

積極的で明るい将来を期待させる、いい花言葉ですね。(*^^*) 

おわりに

寒くなって、アシタバは休んでいますが、

暖かくなると、また活動を再開するでしょう、楽しみです。

種をつけた苗は、子孫を残し、枯れて行きます。

採った種は、3月ころに蒔きますが、

新しい苗も、元気に育ってもらいたいものです。(#^.^#) 

参照サイト

Wikipedia アシタバ

アシタバ普及会

HORTI

関連投稿

アシタバ
アシタバ( 明日葉 )の栽培について

アシタバは日本原産のセリ科の植物で、産地は八丈島が有名です。ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜ですが、手間をかけずに比較的簡単に栽培できます。ここでは、私、Taniの栽培の様子を紹介します。    ...

続きを見る

アシタバ
アシタバ(明日葉)に花が咲き始めました

アシタバ(明日葉)は、日本原産のセリ科シシウド属の植物です。房総半島から紀伊半島、伊豆諸島に自生し、産地として八丈島が有名です。「今日葉を摘んでも明日には芽が出る」ほど繁殖力が強く、ミネラルやビタミン ...

続きを見る

アシタバ
アシタバ(明日葉)を畑に植えました

去年の今ごろ種をとり、プランタで発芽させて育てていたアシタバ(明日葉)の苗を畑に植えました。        <目次> アシタバの植え付け12月のアシタバ参照サイト関連投稿 アシタバの植え付け 畑に植え ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-家庭菜園
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ