アシタバ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

家庭菜園

アシタバ(明日葉)に花が咲き始めました

2020年9月25日

PR

アシタバ(明日葉)は、日本原産のセリ科シシウド属の植物です。房総半島から紀伊半島、伊豆諸島に自生し、産地として八丈島が有名です。「今日葉を摘んでも明日には芽が出る」ほど繁殖力が強く、ミネラルやビタミンを豊富に含む、緑黄色野菜です。

アシタバ(明日葉)の花

アシタバの花

アシタバの花

アシタバ(別名:八丈草)は、日本原産のセリ科シシウド属の多年草です。八丈島が有名ですね。

多年草と言っても、2~3年で花が咲き、枯れてしまいます。花は、傘形花序(サンケイカジョ)といわれる形で咲きます。

このように、たくさんの花がついて咲く種類は多いんですね。そして、花序で咲く花は、たくさんの実をつけます。

花をとってしまえば、長くもつようなので何本かはとってみようと思っています。

去年はたくさんの種が採れたので、プランタに蒔いて置いたら、たくさん芽がでてきました。

不耕作地にも蒔いて見ましたが、動物にも食べられなかったようで、芽を出して育ってきています。

プランタで育ってきたアシタバ

プランタで育ってきたアシタバ

種は、私の感覚ではひまわりの種を小さくしたような感じに思います。

うまく育って、自生状態になってくれればうれしいのですが、どうなるでしょうか。 (・-・*)

この不耕作地には、フキとミョウガを植えていて、やっと根づいてきたところなので、もう一種類増えてくれればありがたいと思っています。

最初は、アシタバは健康にいいということと、産地の八丈島では自生している、ということを読んだりしたので、畑の隅で、少し育ててみました。

5年ぐらい前だったでしょか。この地でもよく育つことがわかり、少しずつ増やしてきました。

ただ、明日には芽がでると言っても、一株から1本葉が出てくるだけなので、すくなくとも、5~10本位ないと、心もとないという感じがします。

去年の頃は、メルカリで売っていた苗を買って植えたんですが、いい具合に育ち、収穫に寄与しています。

少しですが、村のマルシェに出品させてもらっています。

ズボラな私としては、田舎で手間がかからなくて、猿に食われない作物はないかといろいろ、探していることでもあり、いい感じの作物かと思っています。

パクチなんかもいいかもしれないと思っているのですが、確かめていません。 (^∧^)

少し苦みがあるので、猿も敬遠しているようなのです。ただ、鹿はおそらく好物として食べるでしょうから、鹿には入られてはいけません。

アシタバの葉

収穫したアシタバの葉

収穫したアシタバの葉

アシタバを食べたことはあるでしょうか?

少し苦みはありますが、それほどきついことなく、美味しいので、私は具たくさんの味噌汁にいれたり、お浸しにしたりします。天ぷらもいいようですね。

夏と冬は収穫が落ちますが、普段はよく出てくるので、野菜が無くなってきたときは、とってくればいいので便利です。

食べるのは、もっぱらこの葉の部分ですが、根を乾燥して薬用にすることもあるようです。

この葉が、どのようにして出てくるかというのが次の写真です。

アシタバの新芽

アシタバの新芽

以前採った葉の付け根の部分から、新しい葉が出てきています。これが、育ってきます。

育ってきたアシタバの芽

育ってきたアシタバの芽

こんな感じで、きれいな葉が出てきます。出てきた葉は、茎の部分も柔らかくて、食べることができます。

栽培方法の説明では、古い葉は何枚か残しておくようにと書かれています。枯れてしまうんでしょうね。

アシタバ(明日葉)の基本情報・花言葉

明日葉は、日本原産のセリ科シシウド属の植物です。

房総半島から紀伊半島、伊豆諸島に自生し、産地として八丈島が有名です。

明日葉の名前の由来は、「今日葉を摘んでも明日には芽が出る」ほど繁殖力が強いことによるとのことです。

学名は、Angelica keiskei。

また、栄養価が高いと言われ、Wikipediaには次のように書かれています。

便秘防止や利尿・高血圧予防・強壮作用があるとされ、緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富に含まれる。特に、塩分を体外に排出する作用があるカリウムと、がん予防に役立つと考えられているβ-カロテンが多く含まれているのが特徴といわれます。

Wikipedia アシタバより

アシタバの花言葉は、「旺盛な活動力」「未来への希望」で、10月3日の誕生花です。

おわりに

アシタバに花が始めました。草だらけになっている、不耕作地で自生するようになればいいと思っているのですが、どうでしょうか。狭い場所ですが、フキやミョウガは何とか根づいてきたので、もう一種類なんとかできればうれしいです。

参照サイト

Wikipedia アシタバ

HORTI

関連投稿

収穫した明日葉
栄養豊富な明日葉の育て方、天ぷら、炒め物、お浸しなどがおススメ

栄養豊富で、天ぷら、炒め物、お浸しなど、いろんな調理方法で美味しくいただける明日葉を、6年ほど前から育てています。少し苦みがある野菜ですが、手間いらずで育てることができ、重宝しています。我流ですが、栽 ...

続きを見る

アシタバ
アシタバ(明日葉)を畑に植えました

去年の今ごろ種をとり、プランタで発芽させて育てていたアシタバ(明日葉)の苗を畑に植えました。        <目次> アシタバの植え付け12月のアシタバ参照サイト関連投稿 アシタバの植え付け 畑に植え ...

続きを見る

アシタバ
アシタバ(明日葉)の種をとりました

アシタバ(明日葉)は日本固有種で、セリ科の多年草です。総半島から紀伊半島南部や、伊豆諸島の太平洋岸に自生します。8月ころから花が咲いた株に、種がつきましたが、12月になり種が充実してきたため採取しまし ...

続きを見る

アシタバ
アシタバ( 明日葉 )の栽培について

3月末になって、野菜もますます元気になってきました。アシタバ(明日葉)、ノラボウ菜が採れ、ソラマメ(空豆)に花が咲き、パクチやニラなどが大きくなってきました。今回は、その中でも、もっとも力強く葉がでて ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-家庭菜園
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ