ツユクサ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草本 野草

夏に咲く、ツユクサ(露草)、ヘクソカズラ(屁糞葛)の花

2020年7月18日

PR

ツユクサとヘクソカズラは6~9月ころに咲く野草です。ツユクサはツユクサ科の一年草で草丈は15~50cmほどで、2cmほどの紫の花が咲きます。ヘクソカズラはアカネ科のつる性の多年草で、別名サオトメバナ。白い花がさき、秋に黄色い実をつけます。

ツユクサ(露草)

ツユクサの花々

ツユクサの花々

ツユクサの花が咲き始めました。日本のどこででも見ける花ですが、花期は6~9月、もうすぐ夏だとつげてくれています。

朝咲いた花が昼にはしぼんでしまう様子が朝露を思わせることから「露草」と名付けられたともいわれています。

写真のように、たくさんがまとまって生え、にぎやかに花を咲かせます。

毎年さいて、タネをおとし、また新しく芽生えて花をさかせる。単調のようにも見えますが、大切な営みを淡々と繰り返しているんですね。

昆虫がとまったツユクサ

昆虫がとまったツユクサ

花の構造はつぎのようになっています。

花弁は、上部についた丸い形の紫色の2枚と下についた白色の1枚の、3枚で構成されています。

そして、雌しべが1本、雄しべが6本です。よくみると、動物の顔のようにもみえます。(ミッキーとか?)

高さは、15~50cmですが、自立するのではなく地面をはうようにして育ちます。

ツユクサの学名は、Commelina communis

花言葉は「なつかしい関係」で、7月6日、7月28日の誕生花です。

薬用としても利用されてきており、

花の季節に全草を採って乾燥させたものは鴨跖草(おうせきそう)と呼ばれ、下痢止め、解熱などに用いる。 青い花が咲いている時期は食用にもなる。

Wikipediaより

とのことです。

ヘクソカズラ(屁糞葛)

ヘクソカズラの花

ヘクソカズラの花

ヘクソカズラ(屁糞葛)も、かわいい花を咲かせています。別名は、ヤイトバナ、サオトメバナ(早乙女花)。

ヤイトバナのヤイトは、灸を意味しますが、花を伏せた形がモグサを丸めて灸をしている形ににていることに由来しています。

地方によって、早乙女花や早乙女葛と呼ぶところもあるそうです。かわいらしい花のようすが、田植えをする娘さん(早乙女)がかぶる笠を連想させるとのことに由来するそうです。

ヘクソカズラという名前は、葉や茎をつぶすと臭いにおいがすることからつけられた名前のようです。

ちょっと気のどくな名前ですね。別名の方がいいのではないかとも思いますが、注目はあつめそうだし、これでいいのかもしれませんね。

ヘクソカズラの花とつぼみ

ヘクソカズラの花とつぼみ

ヘクソカズラは、日本の在来種で全土に分布しているアカネ科ヘクソカズラ属のつる性の多年草で、日当たりの良い場所に生えます。

街中でも良くみかけるかと思いますが、ツルが左巻に巻き付いて良く伸びるので、花や樹などに巻きつかれるとやっかいですね。

ヘクソカズラのツル

ヘクソカズラのツル

ツルは長くのびますが、細長い筒状のつぼみと花の集合が、10cmほどの間隔でついています。

この写真では、花が咲き始めたばかりで、たくさんのつぼみがついています。花期は7~9月なので、これからが本番です。

ヘクソカズラの実

ヘクソカズラの実

花が終わると、5、6mmほどの実をつけます。この実もつぶすと臭気をだします。この臭気が、この植物を動物の食害から防ぐ役割をはたしているとのことです。

この実は、薬用にも利用されており、つぶしてしもやけやあかぎれなどに効果があるとされます。(子供の頃、塗った記憶があります。)

他にも、腎臓病や脚気、下痢や黄疸などに効果があるとされているようです。

最近では、実がきれいな黄色味をおびていることから、ドライフラワーとして、装飾に使われることもあるようです。

ヘクソカズラの学名は、Paederia foetida

花言葉は「人嫌い」、「誤解を解きたい」、「意外性のある」で、9月9日の誕生花です

「人嫌い」は、悪臭を放つことに由来し、「誤解を解きたい」、「意外性のある」は、悪臭の一方かわいい花を咲かせることに由来するようです。

おわりに

夏に咲く可憐な花が咲き始めました。

昔の人は、花を愛でながら、いっぽうで野草の薬効をしっていて、

利用してきたことがわかりました。

もうすぐ梅雨があけ、暑い夏を迎えます。

関連投稿

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-草本, 野草
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ