温州ミカンの花

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑低木 広葉樹 樹木

温州ミカンとスダチの猿の被害について

2020年5月27日

我が家には、温州ミカンスダチを1本づつ植えていますが、猿闊歩する当地では、酸っぱいまま収穫するスダチのほうが、猿の被害を受けることがなく、栽培に適していると思います。温州ミカンは、熟してから収穫するので、猿の被害を受けやすいと思われます。

温州ミカンとスダチの猿の被害について

温州ミカンと猿

温州ミカンの樹
温州ミカンの樹

温州ミカンは、植えてから8年位でしょうか。年々安定して実をつけるようになってきました。高さは、3m程度になっています。

昨年は、肥料をいつもより多く与えたためか、豊作でした。今年も、沢山の花を付けています。

摘花しないと、小さい実が沢山なるので、思い切って落とす方がいいようです。昨年、かなりとったつもりだったのですが、摘花不足だったようです。

花に集まるカメムシやハチ

花に集まるカメムシやハチ

花粉の香りがあたり一面に漂い、昆虫が集まって蜜を吸っています。

当地は、特産地の和歌山より寒く、日照時間も少ないので、栽培地としては適地とは言えないように思います。

ただ、毎年実をつけそれなりに食べることもできます。

温州ミカンの花

温州ミカンの花

花は、花弁が5枚で、伸びた花柱の先に黄色い柱頭がついています。

花が終わったあとは小さな実がつき、11月末頃には黄色く熟してきます。

この頃には、猿も食べ物を探しており、たべごろになると食べにきます。

それに対抗して、こちらも、少々酸っぱくても全部採るようにしています。

スダチと猿

スダチの花

スダチの花

この写真は、スダチの花ですが、温州ミカンの花と良くにています。

温州ミカンに較べて少し小さめでしょうか。でも、良く似ています。

最近、タネ無しスダチの苗も販売されています。

私も里山に数本植えていますが、実を付けるにはもう少し時間がかかりそうです。

スダチの樹

スダチの樹

このスダチの樹も植えてから10年位になると思います。

高さは2mくらいになっており、毎年実をたくさんの実を付けます。

猿と栽培作物の関係

スダチは、9月~10月頃には酸っぱいうちに収穫して、焼き魚や松茸などに利用するため、

温州ミカンのように猿と競争したことはありません。

つまり、猿は酸っぱいのがあまり得意ではないようで、

スダチを食べられたことはいまのところありません

猿が出没する当地において栽培する作物は、猿が敬遠するものを作ることが必要ではないかと思います。

果物では、トチ、梅、銀杏、サンショ、キウイ(堅いうちに採って追熟)、レモン(当地では気候的に不的確?)、

柚(早めに収穫)、カボスなどが可能性があるのではないかと思います。

せっかく作っても食べられるようでは、話になりませんから。

野菜類ではざっと上げると、モロヘイヤ、オクラ(粘つくもの)、明日葉、ウド、コンニャク、ピーマン、シソ、ハーブ類などでしょうか。

詳しくは、以下のページもご覧ください。

草を食べる猿
野菜栽培と猿対策は?

私が住んでいる田舎の環境と、猿が出没する当地で、私が行っている猿対策を考慮た野菜つくりや果樹作りの様子についてを書いてもました。田舎に住むための参考になるかと思います。田舎に興味をお持ちの方に読んでい ...

続きを見る

関連投稿

キンカンを食べる猿
果樹の猿害対策は?

いつも悩まされている、果樹の猿害対策について考えてみました。        <目次> 果樹の猿害対策について関連投稿 果樹の猿害対策について 冬にキンカンの実を食べる猿 写真は1月に撮ったもので、猿が ...

続きを見る

ユズに実
ユズに初めて実がついた

ユズ(柚子)は、揚子江上流が原産といわれ、ミカン属の常緑小高木です。高さは、4mほどになります。日本では、飛鳥時代のころから栽培されていたそうですが、現在は、東北地方以南で栽培されていると言われます。 ...

続きを見る

ウンシュウミカン
ウンシュウミカン(温州蜜柑)が黄色く熟してきました

ウンシュウミカン(温州蜜柑)は、日本の不知火海沿岸が原産とされ、主に関東以南で栽培されるミカン科の常緑低木です。名前は、蜜柑の産地で有名だった中国浙江省の「温州」に由来すると言われます。11月になって ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-常緑低木, 広葉樹, 樹木
-, , , ,

© 2022 山に出かけてecoライフ