花序が4本のフタリシズカ

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

野草

フタリシズカ・タケニグサ・ノアザミ・ナヨクサフジ

2020年5月23日

5月の今、フタリシズカタケニグサノアザミナヨクサフジなどの野草が咲いているを良く見かけます。フタリシズカ、タケニグサは有毒なので動物も食べないようです、ノアザミやナヨクサフジは、動物が侵入しない場所でよく見るように思います。

フタリシズカ

花序が二つのフタリシズカ
花序が二つのフタリシズカ

少し日陰気味の所で多くみられるようです。有毒なので、動物も食べないで避けて通るため、あちこちで繁殖しています。

穂状花序(花序:花が集まったもの)が、4枚の葉の中心から2本出ています。

花言葉は、「いつまでも一緒」、「静御前の面影」(2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの、とのことです)。

いずれも、2本の花序を前提に名ずけられているようです。実際の花では、以下の写真のように1本~4本のものも見かけます。

花序が1本のフタリシズカ
花序が1本のフタリシズカ

 

花序が4本のフタリシズカ
花序が4本のフタリシズカ

2本のものが多いのですが、例外もあるということでございます。

 

タケニグサ

上から見たタケニグザ
上から見たタケニグザ

茎が竹のように空洞になっていることから、タケににたクサということでなずけられたとのことです。

パイオニア植物で、痩せた明るい土地に生えるようです。そのままにしておくと大きくなるので、邪魔になり目につくと鎌で切ります。

横から見たタケニグサ
横から見たタケニグサ

この植物も、有毒と言われますが、以前カモシカが食べているのを見たことがあります。

 

ノアザミ

とげとげのノアザミ
とげとげのノアザミ

 

いつの間にか、ノアザミも葉を大きく広げてきました。周辺にはいくつも繁殖しています。

よく見ると、葉の先端が尖っていて痛そうですよね。私は、そのままにして大きく育つと厄介なので、刈り取ります。

中心部の若い葉
中心部の若い葉

中心部の若い葉は、食用にもなるようですが、まだ挑戦していません。

花言葉は、「触れないで」など。

 

ナヨクサフジ

マメ科のクサフジ
マメ科のナヨクサフジ

蔓を見て、カラスノエンドウかと思ったのですが、花の形が違うので良く調べたところ、ナヨクサフジのようです。

蝶形花が総状花序でつきます
蝶形花が総状花序でつきます

花が藤の花に似ていることから名付けられたと言われます。改めてみると綺麗な花ですね。

ナヨクサフジの花言葉は、「世渡り上手」。先端の巻きひげを使って回りの物に絡みつく、ことに由来するそうです。

 

関連投稿

カントウタンポポの花と綿毛
5月に見かける野草たち

5月になると、カタバミ、ジシバリ、カントウタンポポ、ヘビイチゴ、サワハコベなど、いろんな野草たちが花を咲かせ、実をつけます。野草や雑草と呼ばれ、あまり気にもかけられないようですが、毎年、元気に花を咲か ...

続きを見る

タケニグサ
タケニグサ(竹似草)にたくさんの種がつきました

葉に大きな切れ込みが入ったタケニグサ(竹似草)は、茎の中が中空で竹ににているとして、名づけられました。7月に綿毛のようなの花をさかせ、9月にたくさんの種をつけます。有毒植物なので、鹿なども食べないよう ...

続きを見る

アザミ
ナンブアザミ(南部薊)の花も咲きました

5月には、トゲがついた葉だけだったナンブアザミ(南部薊)ですが、8月になり、紫いろの花が咲き出しました。茎の先に花がさく頭状花序ですが、たくさんの筒状花で構成され、少し下向きかげんで咲いています。花言 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-野草
-

© 2022 山に出かけてecoライフ