PR

ローズマリー

草花

庭のローズマリー・勿忘草・スズラン

2020年4月29日

PR

庭のローズマリー勿忘草スズランにも可憐な花が咲いています。

        <目次>

ローズマリー

ローズマリーの鉢植え
ローズマリーの鉢植え

ローズマリーは、地中海沿岸地方原産の常緑低木で、花はいい香りがします。

以前、大きな株があり、たくさんの花を咲かせていい香りがしていましたが、枯れてしまったので小苗を買いました。

少し湿っぽいところに植えていたのでですが、それが良くなかったのではないかと思っています。

花の色は白だと思っていたのですが、恥ずかしながら今回写真を撮って見て紫っぽいいろであることがわかりました。

肉や魚の匂いけしなど料理に使われるようですが、大きく育てて、リースなどに使えればいいかなと思っています。上手く育てられるかな?

花の時期に、鉢植えを家の中に置くのもいい香りがしていいのかもしれません。

花のアップ
花のアップ

花をアップでよく見ると複雑な形をしています。改めて興味深くみるようになりました。小さい花なので、いままでよく見ていなかったようです。

花言葉は、「追憶」、「思い出」、「記憶」、「忠誠」など。

ヨーロッパで長く栽培されてきたようなので、もう少し調べるといろいろ楽しむことができそうです。

勿忘草

勿忘草の花
勿忘草の花

勿忘草は、フリマで別の花を買った時におまけで付けてくれたものです。

ヨーロッパ原産で、明治時代に園芸業者が日本に輸入したのが日本での始まりとのことです。

私が思い出すのは、倍賞千恵子の「勿忘草をあなたに」です。wikipediaによるとこの花に関係する歌はいろいろあるようですね。

早春のサクラソウと同様、こぼれ種でも増えてくる生命力のある花のようです。来年は増やしてみたいと思っています。

花自体は、よくあるというか典型的な花というかオーソドックスですが、たくさんの花がつくので見栄えがするのでしょうか。

花言葉は、「私を忘れないで」「真実の友情」。

英語名は、forget-me-not。

スズラン

庭の隅に咲くスズラン
庭の隅に咲くスズラン

スズランは花畑の周辺にたくさん咲きだします。

最初家のスズランを見た時は、北国の花だと思っていたので、新鮮に感じました。繁殖力の強い花で、たくさん増えています。

毒性があり、行者ニンニクと間違えて食べて中毒を起こす事故があるとのことです。綺麗な花には、棘があるということでしょうか。

スズランに似た形の花は、馬酔木、ドウダンツツジなどがありますが、細かな点では違いますね。

花言葉は、「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」。

フランスでは、花嫁に贈られる花だとのこと。

関連投稿

   ヒヤシンス・ムスカリなどが綺麗

   黄色い花々が綺麗です!

    

    

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ