表皮を剥いで形成層を露出

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

接ぎ木

上手な接ぎ木の方法について

2020年4月13日

うまく行く接ぎ木の方法について、私の経験から得た方法について書きます。

私の接ぎ木の経験

果樹や樹木を改良するためには、接ぎ木の技術を習得することが必須ではないかと思い、5年程前から本やインターネットを参考に挑戦しました。

柿の木で行っていましたが、最初はうまく行かず、失敗していましたが、3年目にやっと活着させることが出来ました。

その後、林産物としてイチョウ山椒がいいのではないかと思い、毎年行ってきました。

まだ失敗もありますが、成功率は上がってきましたので、山椒を例に私が行っている方法を書くことにしました。

接ぎ木の要点

接ぎ木の要点
接ぎ木の要点

最も参考にさせてもらったのは、藤波昌明著:「上手な接ぎ木法」です。細かなことが詳しく書かれているので、有り難い本です。

上の図に、要点を書きました。休眠期の2月に準備しておいた穂木を使い、接ぎ木は台木が形成層によって水分を吸い上げる4月初め頃に行います。

穂木は水分が不足した状態にあるので、台木から供給される水分を吸い上げようとする性質があることを利用しているとのことです。ただ、台木からの水分は多すぎるとうまく癒着しないとのこと。

実際の処理方法は後ほど述べることとし、まず要点を述べます。

  1. 準備してあった穂木から、2~3芽を付けて切り取ります。
  2. 穂木の表皮を薄く剥がして台木と密着させる形成層を露出させます。(右図、左側点線)
  3. その背面下部を、切り落とします。(右図、右側点線)
  4. 台木の表皮を切り下げます。穂木の露出した形成層より長めにする。
  5. 穂木の形成層と台木の形成層を合わせ(全面でなくてもよい)、密着するように合わせて固定する。特に、先端部に隙間ができないよう注意する。   

以上が、基本的な考え方になります。次に、実際的な方法について述べます。

まず、使用する道具は次のようになります。

  1. 切り出しナイフ
  2. 剪定ばさみ
  3. ニューメデール(接ぎ木用テープ)
  4. ビニールテープ

以下、実際の手順を、写真を使って説明します。

接ぎ穂の準備

接ぎ穂の用意
接ぎ穂の用意

太さは、台木と同じかそれよりも細めのものを選びます。剪定ばさみを使って、穂木を芽を2~3個付いた状態で適切な長さに切断します。

切り取った穂木を、先端から下方向に向かって、ニューメデールを引き伸ばしながら巻く付けます。芽の部分は重ね巻きしないように気を付けます。

表皮を剥いで形成層を露出
表皮を剥いで形成層を露出

切り出しナイフを使って、穂木の表皮を剥きます。このとき、ナイフは穂木に斜めに、軽く当てて移動させます。力を入れすぎると形成層を取ってしまうので気を付けます。

接続面の背面を切り落とす
接続面の背面を切り落とす

次に、露出した形成層の背面の端部を切り落とします。その状態で、台木の準備をします。穂木の切断面が乾かないように口にくわえて作業をします。

台木の準備と接ぎ穂の固定

台木に切り込みを入れる
台木に切り込みを入れる

切り出しナイフを使って、台木の形成層に近い部分を切り下げます。ナイフで手を傷つけることがあるので、気をつけます。

完成です!
完成です!

穂木を台木に密着させて、ニューメデールテープで固定するとともに、外部から水分が入らないように、穂木及び台木をテープで包み込みます。

最後に、接いだ部分がずれないように、ビニールテープで巻きます。ただし、強すぎると接着部分の成長に影響がでるので注意が必要です。

関連投稿 

 接ぎ木の準備です!

 接ぎ木後1年の結果は?

 接ぎ木したサンショから芽がでてきました

接ぎ木用テープのニューメデールは扱いやすく必需品だと思います。これが有ると無いでは、結果がちがうと思います。お薦めです。   

    

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-接ぎ木
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ