ルッコラ・レタス

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

家庭菜園

ルッコラ・レタスが発芽しました!

2020年4月13日

プランタに種まきしておいたルッコラレタスが発芽しました。

ルッコラ・レタス

3月に蒔いたものが、順調に芽を出して育ってきました。去年作った苗からタネをとり、冷蔵庫に保存してあったものです。後ほど述べる、明日葉、ヒモトウガラシも同様です。

いずれも種が採りやすく、育てやすい野菜です。種から育てる場合、

  • 伝統的に作っているので、作りやすく、安心できる。
  • 安定してほぼ同じものを作ることが出来る
  • 種をまいた後、発芽の楽しみ、育てる楽しみがある。

などのメリットがあるので、毎年いくつかの野菜は種から作っています。(インゲンマメ、ミニトマト、ソラマメ、エンドウマメ、コリアンダー、ノラボウ、明日葉、などなど)

ルッコラとレタスは、もう少し大きく育った後、畑に移植します。

ルッコラは特徴のあるゴマににた風味のあり、レタスと同様生食できる野菜で、サラダに入れて食べることが多くなります。

たくさん採れた場合は、月に一回行われる村の市に出品させてもらっています。大した量ではありませんが。

レタスは昨年作った種が畑に落ち、思わないところから発芽してきています。繁殖力の強い野菜です。

アシタバ

明日葉の発芽
明日葉の発芽

明日葉も芽が出てきました。

明日葉は、発芽後2年目から収穫でき、3年程経過すると花が咲き、種を付けた後に枯れます。

昨年は枯れた株がたくさんあったので、種もいつもの年より多く取れました。写真は、プランタの土の上にパラパラと種をまき(蒔く前に、一晩水に漬けておきました。)、その上に薄く土を被せたものです。

プランタは、日陰に置き、乾かないように水やりを毎日のように行っています。(冷蔵庫に保存しておき、4月ころに蒔きます。)

早く芽が出たものや、種を持ち上げかけたものなど、発芽には個体差がありますが、徐々に発芽してきています。

これとは別に、種をバーミキュライトに混ぜて水を加え、密封して戸外に置いていてありました。こちらは気が付かずにいたのですが、3月のうちに芽を出していたので、慌ててビニールポットに植えました。暖かかったので、早く芽を出したようですね。

明日葉は、あまり早く移植するとうまく育ってられないことがあるので、少し時間をかけて大きくして秋ころに移植する方がいいように思います。

少し特徴のある苦みがありますが、真冬と真夏以外は良く葉を出してくれるので、味噌汁にいれたり、おひたしにして食べています。

ヒモトウガラシ

ヒモトウガラシも元気です
ヒモトウガラシも元気です

ヒモトウガラシも毎年作っています。

奈良県の伝統野菜で、大和野菜に指定されていることもあり、作っています。作りやすいことも、継続して作っている理由になります。

小さい野菜ですが、たくさん実を付けるので、炒め物や天ぷらにして食べることが多く、重宝しています。

明日葉やヒモトウガラシは、猿の被害は受けたことがありません。ずっと食べずにいてくれるとうれしいのですが・・・

猿は、以前より食べるものを増やしてきています。以前は、ジャガイモやミニトマトは食べられなかったのですが、最近は食べられます。彼らも生きるために必死なんでしょう。こまったものです。

山の奥に、人が食べるものよりうまいものがある。猿の楽園でもつくらないと解決しないでしょうか?

ミニトマトも種まきして発芽し、畑に移植しています。こちらも、収穫するまでうまく育てられるか、新鮮な野菜を食べられるのが楽しみです。

関連投稿

 野菜をタネから育てる!

 猿の被害を受けにくい作物は?

 野菜栽培と猿対策は?

 ソラマメ・エンドウマメ・コリアンダーが育ってきました

    

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-家庭菜園
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ