ハハコグサ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

野草

キランソウ・スミレ・オニタビラコなどの野草

2020年3月23日

PR

冬に少なかった野草も、暖かくなり元気になっていました。キランソウ・スミレ・オニタビラコ・ハハコグサ・ホトケノザなどに花が咲いているので、撮りました。これらは、毎年、近くの野原や石垣で見かける、おなじみさんですが、競って咲いているかのようです。

キランソウ

キランソウ(別名ジゴクノカマノフタ)
キランソウ(別名ジゴクノカマノフタ)

写真の花は、以前からスミレに似ているが違うようだと思っていたのですが、図鑑で調べて、キランソウ、別名ジゴクノカマノフタというのだと知りました。高村忠彦監修「季節の野草・山草」

花言葉は、「健康をあなたへ」。名前が示すように、薬草として利用されていたようです。

民間療法では、解熱、咳、単切胃腸薬などに使われてきたとのことです。(秋山久治編著:「薬草の見つけ方」)

この薬草を使えば良く治るので、ある地方では「医者殺し」とも呼ばれていたそうです。

 

スミレ

スミレの花
スミレの花

スミレの花も咲きました。

どこでもよく見かける花ですね。 花言葉は、 「謙虚」「誠実」。道ばたや草かげにひっそりと花を咲かせるスミレの奥ゆかしさにちなんでいるとされます。

独特の風味があり、山菜としても利用されるとのことです。山下智道著「野草と暮らす365日」には、「スミレの葉の白和え」のレシピが載っています。

食べることは考えたことがなかったのですが、一度試してみたいですね。

 

オニタビラコ

オニタビラコ
オニタビラコ

オニタビラコだと思います。(こちらも図鑑で調べました。間違っていたらスミマセン。)

何処にでも見かける野草で、羽状に切れ込んだロゼットから長い茎を立て、その先で花序が分岐し、幾つかの頭花が集まり開花する。(「季節の野草・山草」より)との説明からも同定されると思います。

花言葉は、「仲間と一緒に」。(オニ)タビラコは、 「田平子」と書き、葉が放射状に伸びて田んぼに平らに張りつくというところからつけられた名前とのことです。

 

ハハコグサ

ハハコグサ
ハハコグサ

ハハコグサも毎年よく生える野草ですね。

春の七草の御形(ゴギョウ)と呼ばれる植物で、1月初めから生えていて、冬の代表的な野草とされていたのでしょうか。

特徴のある柔らかい感じの黄色い花は、3月~6月頃に道端などに咲く多年草です。

名前の由来は、全草が白い綿毛で包まれているのでホオコグサと呼ばれていたのが訛って、ハハコグサとなったとの説があるとのことです。花言葉は、「いつまでも忘れないで」。

 

ホトケノザ

ホトケノザ
ホトケノザ

元気のいいホトケノザです。

2年草で、花丈は10~30cm。 帰化植物で、葉が仏像の台座に似ていることから名づけられたとされます。

七草の一つのホトケノザとは別の植物で、食用にはならないので、注意が必要とのことです。(私は、恥ずかしながら、この野草が七草のホトケノザだと誤解していました。)

七草のホトケノザは、コオニカタビラと呼ばれるキク科の植物です。前述のオンカタビラの親戚。

花言葉は、「調和」、「輝く心」、「小さな幸せ」。仏の座に似ていることからでしょうか、いい名がついていますね。

関連投稿

" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" fontawesome="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

カントウタンポポの花と綿毛
5月に見かける野草たち

5月になると、カタバミ、ジシバリ、カントウタンポポ、ヘビイチゴ、サワハコベなど、いろんな野草たちが花を咲かせ、実をつけます。野草や雑草と呼ばれ、あまり気にもかけられないようですが、毎年、元気に花を咲か ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-野草
-

© 2021 山に出かけてecoライフ