PR

クリスマスローズ

草花

スノーフレークなどの花々

2020年3月23日

PR

庭で次々咲く花々の様子を撮りました。

スノーフレーク

スノーフレーク
スノーフレーク

最初は、スノーフレーク。ヒガンバナ科で、別名スズランスイセンとも呼ばれるそうです。 花言葉は、 純粋」「純潔」「汚れなき心」。

花びらの先端にある緑の斑点が、純白で清楚な花をよりいっそう際立たせているとされます。毎年咲くのが楽しみな花です。年々少しづつ増えているように思います。

この花畑には、水仙、クリスマスローズ、菊、チューリップ、桔梗、グラジオラス、サクラソウなどと、いろんな雑草があまり手入れをされずに、雑多に植えられています。生存競争が厳しいのではないかと思いますが、毎年頑張って咲きます。

クリスマスローズ

クリスマスローズ
クリスマスローズ

スノーフレークの近くに咲いたクリスマスローズ(学名:ヘレボルス)です。この種類と白も植えていますが、こちらも咲いています。元気がいいので、他の花が駆逐されないか心配していましたが、今のところ何とか無事の様です。

花言葉は、 「私の不安をやわらげて」、「慰め」(イギリスで憂鬱を追い払うのに使われたことから)、「中傷」(根に毒があることから)とのこと。

この花は、長い期間咲いて楽しませてくれます。また、ドライフラワーにすることもできるとのことなので、たくさん咲けば、やってみたいと思います。

水仙

水仙
水仙

名前はよくわからないのですが、水仙一種です。通常の水仙は、正面にある副花冠と呼ばれる筒状の構造物の中に雄しべや雌しべが見えるのですが、この花は雄しべやめしべが隠れてしまってします。

インターネットで少し調べましたが、よくわかりませんでした。写真の花の中に、虫が入り込んでいます。少し黒っぽいものが映っているのがそれです。

蜜がたまっているのでしょうか。花の中に入り込んでいます。花が咲きだしているとはいえ、本番はこれからなので、貴重な蜜源になっているのかもしれません。

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ

よく見かける雑草のヒメオドリコソウです。ヨーロッパ原産の多年草。寒いこの時期から咲き始め、温暖な地では年間を通して開花するが、花がない時期には、ハチの蜜源になるそうです。

花言葉は、 「快活」、「陽気」、「愛嬌」。

インターネットでみていると、食べることができお浸しにして食べると美味しいそうです。試してみてもいいですね。

貧乏性の身にとっては、手を掛けずに食べられるものがあれば一つでも知ることができ、得をした気分です。

         

関連投稿

鉢植えのチューリップ

サクラソウ・沈丁花などが続々と!

茎がない花、クリスマスローズ

   

     

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-草花
-

© 2021 山に出かけてecoライフ